【12星座別 3/7~3/13の運勢】魚座新月の優しいメッセージ

カナウ


【12星座別 3/7~3/13の運勢】魚座新月の優しいメッセージ

13日はうお座新月で、うお座は優しく慈悲深い星座です。

しかも愛の星・金星が寄り添ってマイルドなムードを盛り立てるため、週末は穏やかな気持ちになれるはず。

恋も仕事も「難しく考えなくていい」とシンプルに捉えられるかもしれません。

そんな3/7~3/13の運勢を詳しく見ていきます。

目次

おひつじ座(牡羊座)3月21日~4月19日生まれ


牡羊座

13日の新月を過ぎたら、自分と周囲を俯瞰(ふかん)することを心がけて。
人付き合いや入ってくる情報量が急に増える場合、狭い視野でさばこうとしても難しいかもしれません。
現状をちょっと離れたところから眺めれば、スケジュールが立て込んでもダブルブッキングしないでしょうし、複数のことを同時に進めやすくなります。思考が渋滞しないで済むでしょう。
恋愛運は、たくさん関わってたくさん話すことがカギになる週です。
好きな人がいる人も、恋人募集中の人も焦らずおしゃべりを楽しんで。
恋の醍醐味は言葉を重ねてお互いを理解することにあると再確認するはず。
今までオンラインでしかやり取りできなかった人とは、会って話す流れができるかもしれません。
先週までに比べると声が届きやすく、相手の顔や容姿も見えやすくなる週です。
仕事運はチームワークを大切に。足並みをそろえることにじれったさを感じても、周囲の動きをよく見て、気を配るといいでしょう。
スピーディーに成果につながることより、みんなが不満なく業務を進めることを重視した方が結果的に得するはずです。

おうし座(牡牛座)4月20日~5月20日生まれ


牡牛座

新月が起こる13日をすぎると、恵まれたメンバーで布陣を組めるでしょう。
職場で自分の不得意分野をサポートしてくれる人が見つかるとか、SNSでずっと絡んでみたかった人と接点ができるなど人間関係で進展がありそうです。
また、仲間がそろって一人ではできなかったことが実現する可能性も。行動や挑戦の幅が広がるはずです。
仕事運は引き続き好調。年度末で忙しくなるでしょうが、だからといって遠慮は不要です。
「こうしたい」「こうしてほしい」と主張した方がいいですし、自分からハッキリ言うことで上司や取引先とも話しやすくなるでしょう。
とはいえ、なあなあに意見を押し通すのはNG。礼儀正しい言葉遣いと態度を心がけて、年長者には敬意を払うことを忘れずに。
恋愛は自分から動くことが求められる週です。
「彼から連絡してほしい」「誰か『いいね』を送ってほしい」と待つだけでは何もなく一週間が終わってしまいます。
ただ、この週は甘いムードが生まれにくく、好きな人との接点があっても友人の域を越えるのは難しいかもしれません。
フリーの人も、出会いはあるけれど友だち止まりになりそう。
積極的にはなっても焦らず、マイペースに会話や新しい出会いを楽しむことが大事です。

ふたご座(双子座)5月21日~6月21日生まれ


双子座

新月が起こる13日以降、仕事の先行きがパッと明るくなるかもしれません。
AとBの折り合いがつかない……という状況が打破できたり、縛りが厳しい案件の条件が緩和したりとホッとひと息つける流れができそうです。
あるいは、趣味として楽しんでいたことを副業にするきっかけが見つかる可能性も。
今まで「できるわけない」と思い込んでいたなら特に、「やれる。ビジネスとしてちゃんと成立する」と確信できるでしょう。
視野は広く、全方位に意識を向けるとチャンスの種が見つかるはずです。
ただ、仕事が盛り上がるほど恋愛に対する興味が薄れがちに。
フリーの人は先週に引き続き、「恋なのか、仕事なのか?」をハッキリさせましょう。全部うまくやろうと思っても気が散るだけで、かえって何も手に入らなくなります。
頑張るなら一極集中した方がいいかもしれません。
好きな人がいる人は自分らしさを大切に。
受け身で待ってもじれったくなるので、攻めのスタンスが関係を進めるでしょう。
モテキャラを演じるより友だち感覚でさっぱり接した方がうまくいくはず。
交際中の人は自分磨きを頑張ると恋人が喜んでくれそうです。おうちデートが続いていても油断しないでヘアメイクはきちんと。

かに座(蟹座)6月22日~7月22日生まれ


蟹座

13日の新月をすぎると、「こうなりたい」というビジョンが見えてきそうです。
それは、公私ともにワンランク上を目指すための理想像。
先が見えない毎日を漠然と過ごしていたなら目標ができますし、「こうなりたい。でもコレができない」とモヤモヤしていた場合は打破する方法が見つかるでしょう。
たくさんの思いがめぐって楽しい想像もふくらむ週ですが、頭の中の考えはまだ具体的な行動に落とし込めないかもしれません。
特に、失敗しないようキチンとやらないと!と気負いがちになる人は、頭でっかちになる可能性が。
一人で悶々と考えるより、適度に周囲の意見を取り入れた方が良さそうです。
恋愛運はチマチマしないことが大事。
フリーの人は、自分とは違う価値観を持つ人に目を向けるといいでしょう。好みも趣味も同じ人より、違う部分がある人の方がしっくりくるはず。
好きな人がいるなら、お相手との関係を良い意味で安定させない方が良さそうです。付き合い方や距離感はどんどん変えてみてください。
長く交際するカップルは、二人きりで会うより共通の友人を交えた方が、お互いを新鮮に感じます。
仕事運はスケジュールに遅れが出ないように。つねに余裕を作りながら動くといいでしょう。

しし座(獅子座)7月23日~8月22日生まれ


獅子座

13日の新月によって心強いサポートを手に入れられるでしょう。
それは仕事で興味深い提案をくれる人だったり、趣味や副業を手伝ってくれる人だったり。交際中であれば恋人といっそう深い関係になって、心を支えてもらえるかもしれません。
何にしても、「コレがあって良かった」としみじみ思えるはずです。
また、好意的にしてくれる人に、「そこまでしてもらったら悪い」と思っても遠慮はしないように。受け取ることで状況と自分の気持ちが変わり、その人に同じだけの想いを返したくなります。
その人を大切に思うほど心は強く結びつくでしょう。
恋愛はフリーの人や片思い中の人と、交際中の人でムードが少し違ってきます。
恋人がいるなら、今まで以上に深い愛をはぐくめるので二人で過ごす時間を大切に。しっとりと甘い雰囲気が楽しめるでしょう。
交際相手がいない場合は、友だち感覚のフランクなやり取りが多くなりそう。もどかしくなるかもしれませんが、焦らずマイペースに。
仕事運は年上の人がカギになる週です。
職場内でも外でも目上の人には、うまく懐に入ってかわいがってもらうといいでしょう。仕事を進めやすくなります。
保守的で厳しい上司を煩わしく感じても、ヤケは起こさず上手に付き合ったほうが得をするはず。

おとめ座(乙女座)8月23日~9月22日生まれ


乙女座

新月の13日以降、大切な人との間にあった心の壁が取り払われそうです。
好きな人はもちろん、仕事でコンビを組むパートナーや取引先といっそう信頼を深められるでしょう。
今まで遠慮や素直になれない部分があったとしても、ぎこちなさを手放すきっかけがあるはず。
「こう考えたらラクだな」「こんな風に付き合えば何でも話せる」と正直になれるツボを見つけられるようです。
恋人募集中の人は出会いに恵まれるでしょう。
自粛がゆるむ地域にお住まいであれば、マッチングアプリだけでなく少数制のイベントに参加してみては?
ソーシャルディスタンスを守れば、出会いの幅を広げて恋人候補をピックアップできるはずです。
好きな人がいるなら一歩進んだ関係が期待できます。堅くならずに気軽にアプローチしてみましょう。
特にお相手とは敬語ではなくタメ口で話したいとか、「さん付け」よりニックネームで呼んでほしい場合は、自分から言った方が良さそうです。
仕事運は好調。持ち前の真面目さで評価がグンと高まるかもしれません。
昇格・昇給を狙うなら貪欲にアピールしていきましょう。

てんびん座(天秤座)9月23日~10月23日生まれ


天秤座

13日の新月をすぎたら、理想のライフスタイルが思い浮かんできそうです。
「いいな」と感じても実現できなかった壁や思い込みを取り払い、シンプルに行動できるようになるでしょう。
場合によっては夜型生活を朝型に変えなければいけないとか、『とりあえず』で続けていた仕事のルーチン化を迫られるなど、必要に駆られて変えるかもしれません。
いずれにしても、今より快適な毎日が手に入るようです。
今週は恋も仕事も忙しくなりそう。週末は仕事に意識が向きやすくなりますが、広い視野でパワフルに動くなら恋の収穫もあるはず。
「忙しいから」とあきらめるのはもったいないでしょう。小さなチャンスも取りこぼさないことが大切です。
恋愛では価値観が違う人の話に耳を傾けると、ためになるアドバイスがもらえます。
自分にはない考えや行動パターンを取り入れることで、恋をスムーズに進めるヒントが見つかるはず。
仕事はあまり気負わなくても大丈夫ですが、「こうなったらいいのに」という理想だけが独り歩きする可能性も。
バランスを大切にして、ハッキリさせなければいけないことは曖昧にしないようにしましょう。

さそり座(蠍座)10月24日~11月21日生まれ


蠍座

13日の新月を迎えたのち、恋はいっそう甘く深い喜びに満たされるでしょう。
好きな人がいるなら週末はぜひ一緒に過ごして。隣にいるだけで心が解け合うような特別な時間を共有できるはずです。
お相手とまだ距離がある場合は、親密になれるチャンスがありそう。
当たり障りのない世間話を重ねるより、かなりプライベートな話題に突っ込んだ方が仲良くなれるでしょう。
「うまくいくかどうか?」より「恋を楽しむこと」に意識を向けることが大事です。
フリーの人は、「ここには恋の可能性なんてない」と思い込んでいる場所・コミュニティこそ注目してみてください。
気を遣わずすんなり馴染める異性とは、一対一で連絡を取り合えるようにしておくといいかも。
仕事運はあまり動きのない時期です。
自粛ムードがまだ続くため大胆なことはできず、攻めより守りのスタンスを取るのかもしれません。
ただ、20日の春分をすぎると空気感がだいぶ変わってくるので、油断しないように。
スケジュールに遅延なく、資料・情報集めは徹底しておくといいでしょう。
恋愛が絶好調の人は仕事とのバランスをうまく取って。

いて座(射手座)11月22日~12月21日生まれ


射手座

新月が起こる13日以降、『ポジション取り』のようなことが起きそうです。
それは、職場や仲間内でどういう立場を取るのかもありますが、社会人としてどんなアイデンティティを確立するのか、インターネットの世界でどんなキャラをアピールするのかもあるはず。
引っ越しを検討している人は、どの街に自分の居を構えるのか真剣に考え出すかもしれません。
ただ、今しばらくは考え中・移行中。あいまいな状態が続きますが焦る必要はありません。じっくり考えてみてください。
恋愛は強力な追い風が吹くので積極的にいきましょう。
好きな人がいるなら遠慮しないでどんどん話しかけて。今まで以上に絡むチャンスはありますし、直接会って話す機会もあるかもしれません。
自粛ムードがまだ続くから……と油断していると慌ててしまいそうです。
フリーの人は恋人候補が複数できて迷う可能性が。
恋人の条件をあらかじめ固めておくと、出会いのチャンスが増えても迷いは少ないでしょう。
仕事運はホッとひと息つける週です。
人とのつながりから新しいアイデアが生まれたり、収入源を見つけたりするはず。人脈を広げることには前向きになりましょう。

やぎ座(山羊座))12月22日~1月19日生まれ


山羊座

新月が起こる13日をすぎると疎遠になっていた人との関係が復活したり、名刺交換しかしなかった人との間に接点が生まれたりするかも。
また、ギクシャクしていた人とはお互いに心穏やかに話せるようになるはず。
身近な人付き合いがスムーズに流れて、「私は人に恵まれている」としみじみ実感する人もいるでしょう。
仕事運は多忙なタームに入ります。
売り上げや集客を狙って手堅い策を練るといいですし、打ち上げ花火的なアイデアより継続して成果を上げる手法を用いると良さそうです。
自粛ムードがまだ続く地域の人は、思いっきり動けるようになるまで準備とエネルギー充てんに努めて。
恋愛は楽しい会話ができる週です。
好きな人とのやり取りでは堅くならないように。仕事の話より、趣味や他愛ない世間話をした方が仲良くなれるはず。
フリーの人は、「いいかも」と思える人が見つかって言葉を交わし始めるかもしれません。
ただ、その場限りで楽しくおしゃべりして次につながらない可能性も。自分にとって最終ゴールは何なのかをハッキリさせることが大事です。

みずがめ座(水瓶座)1月20日~2月18日生まれ


水瓶座

13日の新月を迎えたのち、お金の概念が少し変わるかもしれません。
たとえば投資に興味がなかった人が知識を得て考え方を変えたり、ついついコンビニに立ち寄ってしまう人がスーパーマーケットでまとめ買いを始めたり。
思い込みや金銭感覚の縛りがなくなるので、もっと自由にお金を扱えるようになるはず。意外なところで収入源を増やせると気づくかもしれません。
恋愛運は右肩上がりに。直感が冴えて長く付き合える相手を見つけやすくなります。心が浮つきそうな場面でも落ち着いて行動できるでしょう。
強引さや勝気な面が少し出やすくはなりますが、まだもう少し自粛ムードが続くなら、積極的な方が功を奏するはず。
また、今週は心に思い浮かんだことをそのまま言葉にすると良さそうです。
「伝わらないかも」「理解してもらえるか不安」と遠慮しなくて大丈夫。話すことで良い意味での変化があるでしょう。
仕事は自分がやりたいことを整理したい週です。
やらなければいけないことではなく、やりたいのは何なのか。突拍子もないアイデアが浮かんでも、「こんなこと思いついちゃった」と言ってみることが大事。
意外にあたたかなリアクションが返ってくるかもしれません。

うお座(魚座)2月19日~3月20日生まれ


魚座

新月が起こる13日以降、自分の中にはいくつかの壁があって仕切りが存在していたと気づくでしょう。
またそうした壁がゆるゆると取り払われて、アイデンティティがひとつに統合されると感じるはずです。
このところ、「私は何者なのか?」と自問自答していた人は、ひとつの途中経過にたどり着きます。
完成形、あるいは揺るぎない自我とまでは言えないにしても、「今の私はこれでいい。これがいい」と思えるでしょう。気持ちが軽くなりスッキリしてくるはず。
恋愛はありのままが一番魅力的な週です。
テクニックや駆け引きに頼っても本来の良さが見えにくくなります。自信を持って思うがままに動いてみましょう。
また、この週は間接的な接点が恋を動かすかもしれません。
たとえば偶然助けた人が好きな人と知り合いだとか。チャンスはあなたの優しさや愛嬌が引き寄せるはず。
損得勘定なしに、心に従った行動を取るといいでしょう。
仕事は世の中の動きも職場内の動向にも目を配って。
運気そのものは淡々としていますが、自粛ムードはいつどうなるのかわかりません。
スケジュールや業務内容をガチガチに縛らず、臨機応変に動けるようにしておくと得をするはずです。
(沙木貴咲/占い師)
(itabamoe/イラストレーター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ