ヨーヨー・マ、コロナ禍の世界に向けて「ロンドンデリー・エア」演奏映像を公開

SPICE



チェリスト=ヨーヨー・マが、コロナ禍の日々を生きる全ての人々に捧げた最新アルバム『ソングス・オブ・コンフォート・アンド・ホープ』からロンドンデリー・エア」の演奏映像を公開した。ピアノはキャサリン・ストット


ヨーヨー・マは、全世界にパンデミックの緊張が広がりアメリカでも自由な移動が制限されるようになった約1年前の2020年3月「ドヴォルザーク:家路(Going Home)」の演奏動画を投稿した。そのパフォーマンス映像は瞬く間に拡散し、1800万回視聴された。そして、かつて経験したことのない状況下で先の見えない不安と孤立感にさいなまれる世界中の人々に安らぎと希望をもたらす曲を届けるべく盟友キャサリン・ストットをピアノに迎え、全21曲のレコーディングを行った。

「楽曲とは感情の入った小さなタイムカプセルです。長い間忘れていた夢や願望、活き活きとした気分、楽観、そして調和が込められることがあるんです」とヨーヨー・マは語っており、アルバムには「ドヴォルザーク:家路」等クラシック名曲のみならず「アメイジング・グレイス」「虹のかなたに」や「オール・マン・リバー」ほかジャンルを超え人々に歌い継がれてきた名曲の数々が収録されている。

時を越えて聞くものを勇気づけてきたこれら希望の旋律をヨーヨー・マが録音するのはこれが初となる。ヨーヨー・マは#SongsOfComfort(ソングス・オブ・コンフォート)としてSNSにボストンの自宅からの演奏映像の公開を続けている。

ピアニストのキャサリン・ストットの出会いは1978年に遡り、1985年から2人はレコーディングでも共演。これまでも数多くのアルバムを発表し、その中にはグラミー賞を受賞した『ヨーヨー・マプレイズ・ピアソラ』『オブリガード・ブラジル』(最優秀クラシカル・クロスオーバー・アルバム部門)も含まれる。2人がタッグを組むのは2015年発表『ソングス・フロム・アーク・オブ・ライフ』以来。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ