「キンプリ対スノスト」を”拒否”したSixTONESの男気

 

だからこそバランスが保たれるのかもしれない。アイドルグループ「SixTONES(ストーンズ)」のメンバーたちが先月18日、フジテレビ系情報番組『とくダネ!』に出演し、社会学者・古市憲寿氏のインタビューに応えた。実はこのインタビューの内容がネット上で話題を呼んでいる。

 

SixTONESメンバーがキンプリを称賛!?

注目を集めたのは古市氏から同じジャニーズ事務所所属の人気グループ「King & Prince(キンプリ)」に入りたかったかと問われた際、メンバーたちが絶妙なレスポンスで返したシーンだ。この古市氏の質問に対し、松村北斗が「いや~、かすむよね」とさらりと答え、髙地優吾も間髪入れずに「無理ですね」と即答。田中樹も「正直King & Princeは凄いっすよ」と答え、京本大我は同調するように終始相槌を打っていた。

 

そして古市氏から「キンプリのが上だと思ってるんですか?」と再度尋ねられると、髙地が「正直凄いです。実力もありますし、THEジャニーズ」と称賛するなどメンバーは全員、インタビューの最後までキンプリに敬意を払い続けて”自分たちのほうが格下”というスタンスを全面に押し出していたのである。

 

フジテレビにも出入りするフリーの番組制作関係者は、そのインタビューの舞台裏についてこう明かす。 

 

「インタビューの裏を話すと、当初フジテレビの制作サイドの意向としてはSixTONESの面々にキンプリをライバル視するかのような発言を期待していた。火花バチバチとまではいかないにしても、勢いのあるキンプリの”対抗馬”としてSixTONESが『Snow Man』とともに名乗りを上げてガツガツと攻めに転じてほしいという目論見があったのです。要はソフトな形で”キンプリ”VS”スノスト”のバトル図式を作り上げ、2021年の流れにしようと画策していた。それもあって古市さんにはあえて事前に『キンプリ』の質問を用意させたそうですが、その狙いは完全に外れてしまいました。SixTONESのメンバーがまったく、この流れに乗って来ずフジテレビの製作サイドも終わってみて『このインタビューは企画倒れだな』と苦笑いだったそうです。とにかくSixTONESのメンバーはキンプリを心底尊敬していているので『ライバル』『いつか超えたい存在』などとは、これっぽっちも意識していない。その想いは『Snow Man』メンバーも同じですよ。この2グループはとにかく謙虚さが売りですからね」

 

謙虚なSixTONES、その裏に滝沢副社長!?

ところが、同局の制作サイドが「企画倒れ」と思い込んだインタビューは結果的に好評を呼んだ。キンプリを持ち上げたことでSixTONESの好感度がさらにアップし、番組側にも視聴者から数多くの賛辞が寄せられたという。フジテレビ側としては”嬉しい誤算”だったようだ。

 

「圧倒的なダンスパフォーマンスを見せる9人組の肉体派グループの『Snow Man』。そしてメンバー6人が全員素晴らしい歌唱力を兼ね備えている上、Jr.時代からの実績を重ねた面々も含まれるSixTONESは誰もが苦労人です。キンプリよりも芸歴では”先輩”にあたりますが、彼らは実質的に”スノスト”のプロデュースを行っているジャニーズの滝沢秀明副社長から『常に謙虚な気持ちを忘れてはいけない』と徹底的に教育されていますからね。外野の思惑であれやこれやとトラップを仕掛けられても、キンプリら他のアイドルグループとバトルになるような関係は絶対に生まれることはないでしょう。いずれにせよ、フジテレビの深謀遠慮が杜撰だったということです」(前出の関係者)

 

キンプリ、スノストの関係はネガティブな「ライバル」でなく「協調路線」で今後も持続していくはずだ。

 

※トップ画像は、Ned Snowman / Shutterstock.comより

 

WRITER

  • 四海方正
  •        

  • 芸能、スポーツをメインに取材活動を続けているライター

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ