「コロナぶっ潰す」と店頭で伝えると… 北九州市・貸衣装店のスタンスが最高だった

しらべぇ


新型コロナウイルスの影響がまだまだ色濃く、例年と異なる形態での挙行となったり、中止を余儀なくされた自治体も多い今年の成人式。

そんな中、とある新成人の放ったパワーワードで注目を集めた北九州市で、これまたユニークな試みが実施されているようだ。

画像をもっと見る

■圧倒的なエネルギー

(画像提供:みやび)
毎年、ド派手な衣装に身を包んだ若者が会場を賑わせているのが、北九州市の成人式。それ故に成人式シーズンになると、同市の新成人たちに向けたインタビューの風景がテレビに流れるのだが…今年は、とある新成人の放った「コロナなんて俺がぶっ潰してやるよ」というパワーワードが話題に。

強烈なインパクトを秘めたワードは全国の視聴者に多大なる衝撃を与え、その後にはこちらの発言を放った新成人・りょーたさんのツイッターアカウントが特定される。
(画像提供:りょーたさん)
テレビに登場した際は、派手な佇まいとビッグマウスぶりから、「ザ・北九州のヤンキー」といった印象を受けた人も少なくないようだ。しかし、本人もテレビに登場した自分を見て「コロナを潰すとか俺なんで 訳の分からんこと言ったん」「てか、カットするよねそこは」と感じていたことが判明。

他にも恋人に対して一途な愛を貫いていることなども分かり、「じつは素直な好青年だった」という意見が徐々に増え始め、最終的には「こういうヤンキーは応援したくなる」「若者はこれくらい元気があったほうが良い」など、りょーたさんに対する好意的な声が多数上がっていた。

関連記事:成人式でプレゼントされた「斬新な日本酒」が話題 込められた想いを聞いた

■貸衣装店とのコラボが実現?


過去には、インタビューにも快く応じてくれたりょーたさんの勢いは止まる気配を見せず、「コロナなんか俺がぶっ潰してやるよ。」というアーロンとのコラボ楽曲をリリースしたほか、2月18日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系列)にも出演を果たしている。



そんな彼にちなみ、北九州市のある貸衣装店では、特別なサービスを実施しているとの情報をキャッチ。そちらの店とりょーたさんに取材にて詳しい話を聞くと、北九州の「ヤンキー」と呼ばれる若者たちの、意外な一面が明らかになった。

■店頭で「コロナぶっ潰す」と伝えると…


りょーたさんが先月19日に投稿したツイートによれば、北九州市・おぐらにある老舗のレンタル衣装店「みやび」にて、「りょーたさんの紹介で来た」旨を伝えると、大サービスを受けられるとのこと。



みやび店長・池田雅さんに詳しい話を聞いたところ、確かにりょーたさんの名前を出すと、特別なサービスが受けられることが判明。

さらに、りょーたさんの代名詞でもある「コロナなんて俺がぶっ潰してやるよ」というワードを代わりに伝えた場合でも同様のサービスが得られるようだ。

■北九州市における成人式

(画像提供:みやび)
「まだ3月なのに来年の成人式の話をするなんて気が早すぎでは…」と感じた人もいることであろう。

記者もそう考えていた一人だったのだが、池田さん曰く「当店にいらっしゃるお客様は、前年の成人式が終わるとすぐに1月中にご来店されます」「それから一年間、成人式に向けて、少しづつお金を払っていき、着々と衣装のデザインや装飾を決めていかれます」とのこと。

もともと同市では派手目な衣装に身を包んだ新成人が成人式を賑わせていたのだが、池田さんは「2003年に転機が訪れた」と分析する。

なんでも「金さん銀さんで成人式に出たい」という新成人が店を訪れ、全身をそれぞれ金と銀にあしらった衣装が借りられないか打診を受けたそうだ。池田さんは各業者に相談してみたところ、当然だがそんな衣装はないと断られ続けてしまう。
(画像提供:みやび)
「新成人を応援してあげたいな」という強い思いを持った池田さんは、なんと生地から何まで全て特注で作り上げた金と銀の衣装を見事作り上げることに成功。

感動に震える新成人に対し、「後輩にも(店を)紹介してね」と軽く伝えたところ、翌年から同店に特注の成人式衣装を求める新成人が爆増したのだとか。
(画像提供:みやび)
衣装も次々に派手なものが増えていき、いわば北九州市のド派手な成人式をプロデュースした「原点にして頂点」的存在がみやびと言えるのだ。

■「テレビの映像」だけでは見えない素顔

(画像提供:りょーたさん)
「成人式のヤンキー」と聞くと思わず顔をしかめてしまう人もいると思うが、彼らがどのような思いで派手な衣装を用意しているか、考えたことがある人は案外少ないのでは。

池田さんは、「一年かけてお金を払い、準備した衣装を着る成人式はお客様にとって人生の晴れ舞台なんです」「成人式の日は皆さま本当に良い笑顔で、それを見るのも私どもの楽しみでもあるのです」とも語ってくれた。

実際、同店を利用する新成人の大半は、たった一度の成人式のために決して安くない衣装を仕立て、分割払いでせっせと代金を支払っているという。先に出てきた「金さん銀さん」も、バイト代や給料を手にし、同店に毎月足を運んでいたというから微笑ましい。
(画像提供:りょーたさん)
みやびのスタンスについて池田さんは、「『細かい要望にできるだけ120%で応えたい!』という気持ちで精一杯頑張っています」「一生に一回の成人式のお手伝いをさせて頂ける事は光栄であり、お役に立てれば幸いです」とも笑顔で語ってくれた。

ちなみに同店は東京・銀座、西葛西、大阪、千葉にも支店があり、全国的な需要にも対応している。

・合わせて読みたい→田村淳、ドライブイン成人式を「愚策」と指摘 「時期をずらせば良いだけ…」

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ