元サッカー日本代表・前園真聖が25年前を再現「ネットいじめ、かっこ悪い。」

dwango.jp news


Jリーグは、元サッカー日本代表の前園真聖を起用したSNSによる誹謗中傷防止のための啓発動画を、2021年3月4日(木)14時より行われる法務省、全国人権擁護委員連合会、公益財団法人人権教育啓発推進センター、3社主催による「インターネットと人権・オンラインフォーラム~心ない投稿・コメントで人を傷つけないた めに~」にて初公開する。

昨今、SNSの普及などにより、人格を否定するような誹謗中傷がより深刻な問題となっている。スポーツ界もその例外ではなく、クラブや選手に対する誹謗中傷が大きな問題となっている。この度、Jリーグではこの問題を少しでも抑制し、一部の心ない人間によって心を痛めている多くの選手やファン・サポーターを守るために、SNSによる誹謗中傷防止のための啓発動画「ネットいじめ、かっこ悪い。」を制作。

今回の映像では「いじめ」「サッカー」「啓発CM」の3つのテーマから連想される人物として、今から25年前「いじめ、かっこ悪い。」のCMにて社会問題に対し自らのメッセージで呼びかけ大きな反響を呼んだ元サッカー日本代表・前園真聖をメッセンジャーに起用。SNSでの誹謗中傷=“ネットいじめ”への思いを、前園が自身の言葉で語りかける。現在、スポーツの領域のみならずバラエティ番組出演などマルチな活躍を見せる前園だが、本映像で見せる真剣な表情や一言一言にはSNSによる誹謗中傷抑制への強いメッセージが込められている。尚、本映像はJリーグ2021年シーズンの全試合会場の大型ビジョンにて使用される予定だ。


【撮影エピソード】
◆前園「切実に思っていることを言う方が良い気がしますね」“ネットいじめ”への強いメッセージを自身の言葉で表現することを提案

撮影前の打ち合わせ冒頭、「とりあえず見ていただきましょう」とスタッフから25年前のCMを見せられた前園は、「え、(見なくて)いいよ(笑)」と苦笑いを浮かべつつ視線を画面に向けた。いじめへの思いを自らの言葉で語りかける25年前の自分を、表情を変えず見終えた前園は思わず腕を組み、何とも言えない表情を見せた。その様子からは、25年前現役だったころの自分に対する何とも言えない感情が垣間見えた。25年 前に社会問題だった“いじめ”とは異なる形の現代の“ネットいじめ”。前園が25年越しにいじめへの思いを語り掛ける撮影に臨んだ。話題は、今回の撮影でメインパートとなる前園の“メッセージ”について。「切実に思っていることを言う方が良い気がしますね。」と自ら提案をする前園の真剣な表情からは誹謗中傷防止への強い思いが伝わった。

◆25年前のCMを再現!?真剣な表情で“ネットいじめ”への思いを語りかける前園

打ち合わせが終了し、撮影現場へ移動した前園。「お願いします!」という声を響かせ引き締まった表情で撮影現場に入る。立ち位置や目線など簡単な確認が終了し、早速撮影が開始されると、現場の雰囲気はピリッと一変する。25年前のCM同様、自身の思いを自身の言葉でノーカットで語りかける前園の姿に、スタッフも圧倒され、現場の緊張感もピークに達した。監督からの「一言一言を噛みしめながら」というアドバイスを受けた前園は、1テイク目から早速、圧巻の語りかけを見せ、スタッフからも「これでいいんじゃない!」と絶賛の声が挙がった。前園の一言一言が、この日撮影現場となったスタジアムのコンコースに響き渡る。自身の出来を不安そうにモニターでチェックする前園だが、スタッフからの賞賛の声にほっとした笑みを浮かべる場面も見られた。25年前のCM同様、頭から離れないメッセージ性の強い映像に仕上がった。

【前園真聖インタビュー 】
Q)今回の撮影はいかがでしたか?

久々の撮影で緊張感のある中、今回25年前の自分のCMからまた当時とは違う現代においての問題みたいなものを自分の言葉でということでしたが、非常に責任感のあるというか緊張感のある中で楽しくやらせていただきました。

Q)今回、Jリーグの誹謗中傷抑制動画起用のお話をお伺いされた時は、どんなお気持ちでしたか?
25年前に違う形で社会に問題提起をさせてもらって、今はスポーツ界でも社会でもネットでの誹謗中傷の問題は凄く深刻なものがあるので、自分の言葉で皆さんに語り掛けるじゃないですけど、そういう思いでやらせてもらいました。

Q)撮影前に25年前の映像をご覧になられていましたが、その時の感想を教えていただけますか。
「いじめ、かっこ悪い」と言っていましたが、僕がかっこ悪かったですね、今見ると(笑) あんな感じでよくやっていたなって思いました(笑) もう少し紳士的に…あの時の自分に言い聞かせてやりたいですけど。ただあのCMが今も時々話題に上がったり、いじられたりすることもあるんですけど、あの経験をさせてもらったおかげで、また今回こういう話をいただけたので、非常に良い経験だなと思っています。

Q)25年前から変わったことはありますか?
年齢を積み重ねて僕自身も人生の中でいろんな失敗やいろんな経験をしたので、当然考え方も変わっていますし、自分が今の立場になってスポーツだけでなく、いろんなメディアの中で発言する上で、昔より今の方が責任感を感じますし自分の言葉一つで周りの環境も変わってくると思うので、責任感は昔もあったつもりですが、今はよりそれを感じています。

Q)25年前から変わっていないことはありますか?
変わっていないこと(笑) ん-、サッカーが好きだってことは変わってないですかね。もちろん現役の時はプレーをしている方ですけど、今はプレーをしてませんが子どもたちにサッカーの楽しさを教えたり、Jリーグや海外の試合を見たり、視点は変わりましたけど、サッカーが好きなことは変わっていないと思います。

Q)2021年のJリーグに期待することはどんなことですか?
昨年からもそうですけど、コロナ禍でJリーグも選手たちもサポーターの皆さんも大変な中で一生懸命やっているのを外から見ていました。今シーズンはいつ通常開催になるか分かりませんが、選手たちがピッチの中で一生懸命頑張っているし、サポーターファンの方がスタジアムで、みんな楽しく応援できてサッカーを楽しめる日がまた来ると思うので、その日まで僕らはサッカーを応援したいし、Jリーグを応援したいし、それに応えて選手たちは一生懸命ピッチでプレーしてくれると思うので、みんなでサッカー界を盛り上げていけたら良いかなと思っています。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ