木村拓哉&芦田愛菜、CMで初共演 ほとんどアドリブでやりとり

 俳優の木村拓哉と女優の芦田愛菜がCMで初共演するリクルート『タウンワーク』の新テレビCMが3月6日より放送開始。そのセリフほとんどがアドリブで展開されるCMカットとメイキングカットが公開となった。

地域密着型の求人メディア『タウンワーク』の新たなCMシリーズとなる「リビング篇」「リビング篇A」「リビング篇B」の3種。アルバイト探し未経験の木村と、アルバイトと親和性が高い学生である芦田が、それぞれ本人役で登場し、映画撮影現場を舞台に『タウンワーク』を知らない木村が、知っている芦田から『タウンワーク』とは何かを聞き出そうとするが、教えてもらえず困惑するやり取りがコミカルに描かれる。

今回がCM初共演となる木村と芦田。CMでは2人の掛け合いが見どころだが、そのほとんどがなんと“アドリブ”。芦田は撮影スタッフに「(木村さんには)あんまり教えたくない感じの方が良いんですよね」とスタンスなどのイメージをすり合わせながら撮影に挑む一方、木村は“知らない設定”に合わせ、様々なイントネーションで「タウンワーク?」と試行錯誤しながら撮影に挑んだ。

撮影中、「タウンワーク…新しいトレーニング?」「住宅情報?」「次のシーンに関係ないよね?」と次々とアドリブでセリフを話す木村。カットが掛かった際に芦田が「ありがとうございます。たくさん話していただいて」とお礼を言うと、木村は冗談交じりに「膨らませろよ~」と笑顔で答えたり、「友達がバ…」とセリフを間違えてしまうと、「バンド? バンド始めるの?」とNGをフォローするなど、撮影の要所で現場を和ませたり笑いを誘う姿が印象的な撮影となった。

なお『タウンワーク』YouTubeでは本CMのメイキング映像を公開。早くも制作進行中の続編「地下鉄篇」に関する映像も先行公開されている。

『タウンワーク』の新テレビCM「リビング篇A(15秒)」、「リビング篇B(15秒)、「リビング篇(30秒)」は3月6日より全国放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ