ディズニーアニメ最新作はいろんな意味で挑戦的!?『ラーヤと龍の王国』はココがすごい!

Oh!My!アニメ

 

この春、久しぶりに映画館にディズニーアニメーションが帰ってきます。

それが、2021年3月5日(金)より公開となる『ラーヤと龍の王国』です。

本作は、ディズニー作品としてかなり挑戦的な作品となっています。
では今回、ディズニーがどんな挑戦をしているのか、そしてあまり公式サイトなどでもピックアップされていない注目ポイントも紹介していきます。

 

 

『ラーヤと龍の王国』とはどんな映画?

『ラーヤと龍の王国』の原題は『Raya and the Last Dragon』。
アメリカや中国でも日本と同じく3月5日(金)の公開となっています。

昨年は新型コロナウイルスの影響により、『ムーラン』『ソウルフル・ワールド』など、劇場上映が見送られるディズニー作品が続出。本作『ラーヤと龍の王国』で、久しぶりにディズニー映画をビッグスクリーンで観ることができます。

『ラーヤと龍の王国』の主人公は、聖なる龍の力が宿るという“龍の石”の守護者一族の娘であるラーヤ。分裂する世界に平和を取り戻すべく奮闘する物語となっています。

ラーヤの声を担当するのは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』などでローズ役を演じたケリー・マリー・トランさん。日本語吹替版を、映画やドラマで活躍し、今注目されている女優の一人である吉川愛さんが担当しています。

 

 

舞台の異様さ?アジアンファンタジー

『ラーヤと龍の王国』のビジュアルを観たとき、多くの人が思うのではないのでしょうか。“ディズニーっぽくない!”と。

『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』など、様々なヒロインを描いてきたディズニーが、また新たなヒロインを描こうという意思が感じられるアジアンテイストな雰囲気の作品となっています。

それもそのはず、『ラーヤと龍の王国』の舞台となる架空の王国・クマンドラのモデルとなっているのは、ラオスやカンボジア、タイ、インドネシアといった東南アジアの地域を参考にしているからです。ディズニーはこれまでも『ムーラン』では中国、『ベイマックス』では日本といったアジアの国々を舞台にした映画を製作してきましたが、今回はまた違ったアジアの世界を描くことに挑戦しているのです。

ラーヤの相棒となる、巨大なダンゴムシにもアルマジロにも見える不思議な生き物の名前も“トゥクトゥク”。トレーラーでは、このトゥクトゥクに乗って疾走するラーヤの姿が描かれていますが、彼の名前はタイの三輪自動車『トゥクトゥク』からきているのかもしれませんね。

 

 

久しぶり!本家本元ウォルト・ディズニー・アニメーションの新作

『ラーヤと龍の王国』は、久しぶりの劇場上映作でもありますが、“別の意味”でも久しぶりの作品となっています。

実は、本作のアニメーションを手がけたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの作品は、なんと2019年公開の『アナと雪の女王2』以来なのです。

現在ディズニーのアニメーション映画は主に2つの会社が制作しています。ひとつは、『白雪姫』など古くからディズニーのアニメーションを制作してきたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。もうひとつは『トイ・ストーリー』を生み出し、3DCGアニメーション制作会社の最高峰に君臨したPIXARスタジオです。

昨年公開された『2分の1の魔法』や、Disney+配信作品となった『ソウルフル・ワールド』は、どちらもPIXARが制作した映画だったので、『ラーヤと龍の王国』は、約1年ぶり本家本元のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの作品というわけです。

ジョン・ラセター離脱以降のディズニー作品

もうひとつ、制作体制の話で忘れてはいけないことがあります。
『塔の上のラプンツェル』『シュガー・ラッシュ』、『ズートピア』といった大ヒット作を世に送り出したジョン・ラセターさんが、2018年にディズニーを去っている点です。

 

ジョン・ラセターとは何者?

ジョン・ラセターさんは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオとPIXARスタジオのアニメーション作品の品質管理を担っていたチーフ・クリエイティブ・オフィサー。本格的にウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの作品に参加したのは、2008年の『ボルト』から。以降、『プリンセスと魔法のキス』『塔の上のラプンツェル』といった新時代のプリンセスストーリーを生み出したり、『シュガー・ラッシュ』『ズートピア』といったディズニーの新たな一面を感じさせる大ヒット作を世に送り出しました。

まさにディズニーの第3黄金期の立役者というべき人物でしたが、『ラーヤと龍の王国』は彼が制作サイドを離れてからは初の長編作品ということで、近年のディズニー映画のクオリティをしっかり保てているのか?という意味でも注目しておきたい作品となっています。

ジョン・ラセターさんがディズニーを離れたあと、このチーフ・クリエイティブ・オフィサーを担うことになったのは、『ソウルフル・ワールド』のピート・ドクターさんと、『アナと雪の女王』のジェニファー・リーさん。PIXARサイドの仕上がりこそ『2分の1の魔法』『ソウルフル・ワールド』で一安心できたわけですが、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオサイドの仕上がりは、『アナと雪の女王2』のような続編企画とは違ったオリジナル新作となる『ラーヤと龍の王国』で明らかになっていくのではないでしょうか。

 

 

『ラーヤと龍の王国』の監督はどんな人?

もちろんチーフ・クリエイティブ・オフィサーだけが映画のクオリティを左右するわけではありません。そのほかにも『ラーヤと龍の王国』の製作陣には、注目の人物たちが名を連ねています。
まず、『ラーヤと龍の王国』の監督として2人の名前がクレジットされています。まずは『ベイマックス』や『くまのプーさん(2011)』で監督を務めたドン・ホールさん。そしてもう一人は、実写映画『ブラインド・スポッティング』で監督を務めたカルロス・ロペス・エストラーダさんです。こう聞くと実写畑の人のように思えますが、どちらかといえばミュージックビデオのクリエイターとしての活躍の方が目覚ましかった人物。ビリー・アイリッシュさんの『when the party’s over』などを手がけています。

しかし『アナと雪の女王2』の製作にもすでに参加していたり、全く畑違いというわけでもありません。すでに今後の公開が決定しているディズニーの新作映画『Encanto(原題)』への参加も発表されていたりと、ディズニー新時代を代表するクリエイターの一人です。

 

 

上映形態も特殊!? あなたはどうやって鑑賞する?

制作体制が挑戦的なら、興行自体もディズニーのチャレンジ精神を感じさせるものとなっています。劇場公開される3月5日(金)には、同時に映像配信サービス・Disney+でもプレミアアクセスとして配信されることが決定しています。

迫力のある大画面と大音響の映画館で観るか、自宅や移動中など好きな場所、好きなタイミングで何度も楽しむか。選択できるというのは嬉しい話です。
まだ新型コロナウイルスの影響が気になるので映画館に行くのを控えているという人でも、公開日当日に映像配信サービスで新作映画を楽しめるというには、とてもありがたい試みですね。

『ラーヤと龍の王国』にはいろいろな観点からみどころがあることがわかっていただけたのではないでしょうか。ぜひ、ディズニーの新時代を象徴する本作を、多くの人にリアルタイムで感じ取っていただけたらと思います。

 

ディズニー映画『ラーヤと龍の王国』は2021年3月5日(金)、映画館 and ディズニープラス プレミア アクセスにて同時公開

(C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities

WRITER

  • ネジムラ89
  •        

  • 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナー兼アニメ映画ライター。アニメ映画情報マガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」をnoteにて配信中。その他いろんなとこでアニメ映画話を執筆中。古今東西関係なくアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるようにやっていきます。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ