ジャネット・ジャクソン、『Janet Jackson』発売40周年を記念した4時間のドキュメンタリーが2022年に放送へ

Billboard JAPAN



ジャネット・ジャクソンが、1982年にリリースしたセルフタイトル・アルバム『Janet Jackson』の発売40周年を記念するドキュメンタリーが、2022年に米A&EとLifetimeで放送されることが明らかになった。

2夜にわたって放送される4時間のドキュメンタリー『JANET』(仮題)は、独占記録映像、未公開ホーム・ビデオ、セレブ・インタビューなどから構成され、これまでになかった自由な形でジャネットの私生活や音楽活動におけるターニング・ポイントに迫る内容になる予定だ。音楽一家であるジャクソン家をまとめていた父親のジョーの死、仲が良かった兄マイケルの死、2004年に起きたジャスティン・ティンバーレイクとの【NFLスーパーボウル】ハーフタイム・ショーでのハプニング、そして高齢出産で子どもを持ったことなどについて描かれる。

『JANET』の監督はベン・ハーシュ(Ben Hirsh)で、ジャネット・ジャクソンとランディー・ジャクソンがエグゼクティブ・プロデューサーとして参加している。オンエアは2022年の早い時期とされており、A+E Networksのフラッグシップ・チャンネルであるA&EとLifetimeで同時に公開される予定だ。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ