『漫才新人賞』優勝の隣人が喜びの声「マヂラブさんのM-1優勝が大きかった!」


関西を拠点に活動する芸歴10年目までの漫才師が対象のお笑い賞レース『漫才Loversスペシャル 第10回 ytv漫才新人賞決定戦』(読売テレビ)が2月28日(日)に生放送され、隣人(中村遊直、橋本市民球場)が優勝しました! 番組終了後には「“漫才らしくない”というのが強みに出た」と語り、喜びを爆発させました。

(C)読売テレビ
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

この日の決勝にコマを進めたのは、これまで2回の選考会を勝ち抜いたマユリカ(阪本、中谷)、コウテイ(下田真生、九条ジョー)、紅しょうが(熊元プロレス、稲田美紀)、隣人、たくろう(赤木裕、きむらバンド)、タチマチ(安達周平、胡内佑介)の6組。

MCを担当するのは、千鳥と読売テレビの佐藤佳奈アナウンサー。スペシャル審査員には、オール巨人、ハイヒール・リンゴ、ブラックマヨネーズ・吉田敬、スピードワゴン・小沢敬一、フットボールアワー・岩尾望が顔を揃えました。

隣人、コウテイが激戦の末、最終決戦へ!


審査員5人が各組のネタを100点満点で評価し、上位2組が最終決戦に進むFIRST ROUNDでは、2番手で登場したコウテイが、教師とヤンキー生徒のネタで465点を獲得。その後、4番手の隣人が、スカイダイビングというシチュエーションで駆け回ったり寝そべったりという斬新なネタで笑わせ、コウテイを上回る470点でトップに躍り出ました。

(C)読売テレビ
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

審査員からは、「隣人はコントのイメージ強かったが、セリフでも動きでも笑いをとっていて立派な漫才だった」(リンゴ)、「ありえない設定なのに、そうなるやろうなと思わせる。漫才には緊張と緩和と、もうひとつ共感が必要。その共感が非常にあるネタで面白かった」(巨人)と絶賛コメントが続出。この2組が、2本目のネタで雌雄を決することになりました。

中村が涙で「辞めんでいいですね、まだ」


最終決戦は、2本目の得点にFIRST ROUNDの得点を加えた合計点で勝敗が決まります。両者とも、いずれ劣らぬ熱量で爆笑をさらいましたが、老夫婦のグルメロケをテーマにまたしてもアクロバティックなボケを連発した隣人が470点で合計940点となり、468点で合計933点のコウテイを破って優勝を決めました。

思わずガッツポーズをして飛び跳ねる橋本の隣で、中村はこらえきれず涙を流します。トロフィーと賞金100万円の目録を受け取り、橋本は「ふだんコントをやってて、漫才に切り替えてみて、またこうやって笑ってもらえるっていうのが非常にうれしい。幸せです」と笑顔。中村は「辞めんでいいですね、まだ」と声を詰まらせました。

(C)読売テレビ
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

尊敬していた後輩コウテイに「勝ててうれしい」


「優勝できるとは微塵も思ってなくて、ただただ楽しんでいこうと言い聞かせていた。それがFIRST ROUNDで勝って、いけるんちゃうか、いけるんちゃうかって……」

番組終了後の囲み会見で、この日の戦いをこう振り返った中村。橋本も「とにかく、ふざけきるしかないな、と。それでちゃんと結果が出たというのがデカかった」と心境を語ります。

賞金は、まず生活費にあてるとのこと。コロナ禍でアルバイト先の飲食店が休業し、貯金でやりくりしているという中村は、「ご褒美に、ちょっとええTシャツ買おうかなぐらい。あとはオカンに30万ぐらいあげたいです」。一方、橋本は「かわいがってる後輩と、ええ焼肉を食べにいきたい」と話しました。

(C)読売テレビ
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

優勝の要因を聞かれると、橋本は「漫才らしくないっていうのが僕らの弱みでもあり強みかなと思っていたが、それが強みとして出てくれた」と分析。1本目で、会場の空気を味方につけられたことも大きかったと言います。

中村は、昨年12月の『M-1グランプリ2020』で優勝したマヂカルラブリーが巻き起こした“漫才論争”に触れ、「僕らも“ああ、いける!”“床を使っていいんや!”と思った。マヂラブさんの優勝は大きかった。あれがなかったら、また流れも変わっていたんやろうなと……」とも。これを受けて橋本が、「この後、論争の第2波が来たらオモロいなと思う」と笑わせるひと幕もありました。

(C)読売テレビ
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

決戦で対戦したコウテイについては、「(NSC大阪の)1期下なんですけど、コウテイはずっと面白い。僕らが“UP TO YOU”という(大阪・よしもと漫才劇場メンバー入りを目指す)下のライブでやっていた時も、コウテイはずっと劇場メンバーで……絶対、勝てへんと思っていた。先輩なんですけど、後輩のコウテイを尊敬していた」と中村。それだけに、「勝てたのは非常にうれしい」と改めて喜びました。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ