世界初・民間人宇宙プロジェクト 前澤友作氏と月へ行くクルー8名募集開始

IGNITE


宇宙旅行がいよいよ現実のものになってきた。

前澤友作氏

■月へ行くクルー8名を世界中から公募開始

2018年、前澤友作氏が、イーロン・マスク氏率いるSpaceX社が2023年の打ち上げに向けて開発を進めている超大型ロケット「Starship」による民間人初の月周回計画の全席の権利を取得したことにより始動した「dearMoon」プロジェクト。

その歴史的発表から2年半、最新情報がアップデート。



「宇宙へ行くチャンスをより多くの、より多様な人に開きたい」との願いから、前澤友作氏とともに月へ行くクルー8名を世界中から公募することが決定した。

世界中からのエントリーを、3月14日(日本時間23:59)まで事前登録を受付中だ。事前登録をした全員がステップ2の書類選考に進める。

応募条件は2つ。

1.  宇宙に行くという経験を活かし、社会や人の役に立つための自身の活動を、圧倒的に伸ばし加速させることができる。

2.  同じ船に乗る仲間の活動を、自身の活動と併せて全力で応援し協力できる。



■前澤氏とイーロン氏が語る宇宙への想い

前澤友作氏のYouTubeチャンネルでは、前澤氏とイーロン・マスク氏への独占インタビュー映像を公開。

なぜ同乗者を世界中から募集することにしたのか、どんな人々に応募して欲しいか、そして、月に行きたい理由や楽しみにしていることを前澤氏本人が語っている。

また、イーロン・マスク氏も開発中の「Starship」を背景に登場し、プロジェクトに対する期待、ロケットの開発状況、宇宙飛行の未来への想いなど、世界中の人々に向けた貴重なメッセージも収録している。

(左)イーロン・マスク氏(右)前澤友作氏

前澤友作氏 コメント

【なぜ月に行くのか?】
理由は3つあります。1つ目は、好奇心。まだ見たことのないもの、行ったことのない場所に行きたい、という好奇心を満たしたい。2つ目は、地球の素晴らしさを改めて感じたい。自分の生まれ育った地球、偉大な地球、ここに改めて感謝したい。3つ目は、自分の小ささ、未熟さを改めて実感したい。そういうことを通して、もっと頑張ろう、もっと成長しよう、きっとそう思えるんじゃないかと思っています。



イーロン・マスク氏 コメント

dearMoonミッションは、地球の周回軌道の先に人類を連れていく歴史上はじめての民間・商用宇宙旅行になる。地球から最も離れた場所に人類を連れていくミッションだ。きっとその様子にみんな釘付けになるだろうしあたかも自分が乗組員のように熱狂してくれると思う。



宇宙に行きたい、そんな夢を抱き続けてきた人には絶好の機会だ。

エントリーはこちら:https://dearmoon.earth/ja/pre-reg.html#ja
dearMoon公式サイト: https://dearmoon.earth

(冨田格)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ