明石家さんまプロデュースの映画に大竹しのぶが声を吹き込む!劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』


明石家さんまさんがプロデュースする劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』が6月11日に公開します。

映画は第152回直⽊賞を受賞した、⻄加奈⼦の累計発⾏部数35万部超のベストセラー⼩説が原作となっています。

監督を務めるのは『ドラえもんのび太の恐⻯ 2006』(06)、『海獣の⼦供』(19)の渡辺歩。

『かぐや姫の物語』(13)で作画監督を務めたスタジオジブリ⼀期⽣の⼩⻄賢⼀がキャラクターデザイン・総作画監督を担当し、脚本は、『凪のお暇』などの⼤島⾥美。

アニメーション制作は圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持ち、『映画 えんとつ町のプペル』(20)などを⼿がけるSTUDIO4℃が手がけます。

また、作中でいつも全力で底抜けに明るくパワフルな主人公・肉子ちゃんの声を担当するのは、『風立ちぬ』(13)、『インサイド・ヘッド』(15)、『メアリと魔女の花』(17)などでもボイスキャストを務めた大竹しのぶさん。

恋愛では失敗だらけの人生だけど、生まれつきのポジティブな性格で、周囲をハッピーにする才能にあふれる”肉子ちゃん”は、原作の冒頭でも「池乃めだかとトム・クルーズと同じ7月3日生まれと」説明があり、肉子ちゃんと大竹は”蟹座のA型”というまさかの共通点もありました。

初公開となった特報映像には、カモメの鳴き声が聞こえる漁港に浮かぶ船で娘のキクコが「私と肉子ちゃんは、ちょっと訳ありで漁港の船で暮らしている」と語るシーンからはじまり、大竹しのぶさんが演じる母・肉子ちゃんが「朝やで、キクリン!学校食べて、ゴハン行かなっ!」と言い間違えをしながら慌てて着替えるシーンや、嬉しそうにチョココロネをもつ食いしん坊な肉子ちゃんの姿が映し出されます。

さらに特報映像のラストには、バス停の看板に張りつくヤモリから「みてや!」と明石家さんまさんが声をあてた特報限定のスペシャルな”おまけ”付きとなっています。

(C)︎2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

The post 明石家さんまプロデュースの映画に大竹しのぶが声を吹き込む!劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』 first appeared on フィールドキャスター.

当記事はフィールドキャスターの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ