レーザーポインターをヘリに向けた男 法廷に泥酔状態で現れ、裁判官も「大バカ者」と呆れる(英)

イギリスで昨年8月、レーザーポインターを飛行中のヘリコプターに向けて照射した男が逮捕された。操縦者は一時的に視界を奪われてしまったが、近くにヘリコプターを着地させることができ、ケガは無かった。のちに裁判に呼び出された男は泥酔状態で現れ、独房で3時間も眠ってしまったため、判決は翌月に持ち越されたという。男の一連の行動に、裁判官が「大バカ者」と呆れかえったことを『Bradford Telegraph & Argus』などが伝えている。

英ウェストヨークシャーのキースリーに暮らすベンジャミン・フォート(Benjamin Fort、39)は昨年8月17日、自宅からペン型のレーザーポインターを飛行中のヘリコプターに照射した疑いで逮捕された。

当時ヘリコプターには警察官2名が搭乗し、行方不明になった女性を捜索するためにマンチェスターからキースリーに向かっていた。そして午前3時45分頃に突然、コックピットにレーザーポインターが照射されたという。操縦していた警察官は、眩しい光によって一時的に視界を奪われてしまったが、どうにかヘリコプターを着地させることに成功した。

黒板やスライドショーなどで指し棒の代わりに使われるレーザーポインターは、その光を直接目にすると網膜が傷つき、視力の低下や最悪の場合には失明の恐れもある。過去にはレーザーポインターで8歳男児の網膜に小さな穴が空いたという事件も発生しており、大変危険な物だ。

2月26日、ブラッドフォード刑事裁判所での法廷にてベンジャミンは当初「ウサギを探していた」と述べたが、その後「UFOかと思った」と供述を変え、最終的には「ヘリコプターの操縦士に向けて照射した」と意図的に行った事実を認めて陳謝したという。

検事のポール・キャンフィールドさん(Paul Canfield)は「ベンジャミンは使用していたレーザーポインターが安物で出力も弱く、ヘリコプターの操縦席まで光は届かないと思っていたようです」と明かしている。

さらに本来ならば1月に行われた裁判で判決が下る予定だったが、ベンジャミンは泥酔状態で法廷に現れ、警備員が3人がかりで独房に運んだという。かなり飲んでいたようで3時間も独房の中で眠っていたと言い、この日に判決を下すことができなかったそうだ。

ベンジャミンの一連の行動について、裁判官のジョナサン・ローズさん(Jonathan Rose)は次のように語った。

「ベンジャミンは最初の供述で嘘をついたことになり、その後の供述も彼の行動の正当化する理由にはなりません。」

「あなたのような大バカ者が、ヘリコプターの操縦者の目に向けてレーザーポインターを照射したことにより、墜落していた可能性もあります。搭乗者だけでなく、地上の人々の命や平和な生活を危険にさらしたことになるのです。」

厳しい言葉で見解を述べたジョナサン裁判官はその後、ベンジャミンに懲役6か月を言い渡した。

画像は『Bradford Telegraph & Argus 2021年2月27日付「Man jailed for shining laser on police helicopter he thought was UFO」』『BBC News 2021年2月27日付「Man jailed after shining laser at police helicopter」(THINKSTOCK)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ