徳永えり、『天国と地獄』赤ん坊“日高”とのオフショットに反響「素敵なお母さんでした」

 女優の徳永えりが2月28日自身のインスタグラムを更新し、ドラマ『天国と地獄 ~サイコな2人~』(TBS系/毎週日曜21時)に出演した際のオフショットを公開した。

本作は警視庁捜査一課のドン詰まりな女性刑事・望月彩子(綾瀬はるか)と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わり、人生が逆転した2人の愛と運命が交錯するさまを描く“入れ替わりエンターテインメント”。徳永は回想シーンで日高と物語のカギを握る東朔也の実の母親役を演じていた。

この日、徳永が「ご視聴ありがとうございました 少しの参加でしたが、この作品に関わることができて嬉しかったです」と投稿したのは、赤ちゃん時代の‟日高”をおんぶし、笑顔を見せるオフショット。続いて「ますます目が離せない展開になってきましたね 引き続き、ドラマをお楽しみください」としながら、「我が子、可愛かったなぁ」と振り返った。

この投稿を受け、コメント欄には「やっぱりえりさんの演技大好きです」「お母さん役ハマってましたねー!」「素敵なお母さんでした ラーメン食べた後の睨んだ顔も最高でした笑」「泣けてしまった 母親として切ない気持ち」といったドラマに対する感想が続出している。

引用:「徳永えり」インスタグラム(@eri_tokunaga.official)

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ