エア・ドゥの2号機「JA01HD」が離日 ロズウェルへ出発

Traicy

AIRDO(エア・ドゥ)が就航初期に導入したボーイング767-300ER型機の2号機(機体記号:JA01HD)がきょう3月2日、羽田空港から離日した。

東京/羽田を午前9時11分に出発し、同21分にC滑走路を離陸。経由地のアメリカ・アラスカ州のアンカレッジに向かった。最終目的地は1月26日に離日した初号機と同じ、アメリカ・ニューメキシコ州のロズウェルで、3月3日午前9時に到着する。

JA01HDは、航空機リース会社のAWASとのリース契約により2000年に導入された機材で、その後エア・ドゥが購入し自社保有機としていた。2月27日にラストフライトを運航している。2号機の退役により、エア・ドゥが保有する機材は全て、全日本空輸(ANA)から転籍したものとなる。

これにより、エア・ドゥの保有機材は、中型機のボーイング767-300型機4機と、小型機のボーイング737-700型機8機の計12機となる。予備機を減らすことにより、運航便数は1日最大60便と、ほぼ前年同期並みを維持する。

■ダイヤHD9051 東京/羽田(09:11)~アンカレッジ(22:38-1/00:00)~ロズウェル(09:00+1)/3月2日

当記事はTraicyの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ