カルティエ現代美術財団、ダミアン・ハースト『Cherry Blossoms』のお披露目となる展覧会を開催

NeoL

Damien Hirst in his studio, 2019. 撮影 Prudence Cuming Associates. (C) Damien Hirst and Science Ltd. 禁無断転載, DACS 2021

カルティエ現代美術財団は、2021年6月1日よりダミアン・ハースト(Damien Hirst)の最新作『Cherry Blossoms』のお披露目となる展覧会を開催。『Cherry Blossoms』は、ハースト初のフランスでの美術館展示となる。『Cherry Blossoms』シリーズは、風景画の伝統的な主題を遊び心あふれるアイロニーを込めて再解釈する。ハーストは、印象主義と点描画法とアクションペインティングを参考に、濃厚な筆致と、ジェスチュラルペインティングの諸要素を融合させる。濃密で鮮やかな色で全面覆われた巨大なキャンバスは、具象と抽象の境界を揺れ動く広大な花の風景で見る者を包み込む。『Cherry Blossoms』は、19世紀末と20世紀の偉大な芸術運動に対する破壊であると同時にオマージュ。これらの作品は、ハーストが長い間続けてきた絵画への探求と不可分のものだ。ハーストは、ロンドンのアトリエで「この絵に没頭し、端から端まで一気に仕上げた」と述べている。 さらに、数枚のキャンバスに同時に手を加え、完成後何ヶ月間も作品をそばに置いて、絶えず立ち戻ったりしていたと言う。ダミアン・ハーストは丸3年を費やした末、2020年11月に『Cherry Blossoms』シリーズを完成させた。「コロナ禍では、より多くの時間をこの作品と共に過ごし、この作品を眺めたことで、すべて完成したと絶対的に確信させてくれました」。シリーズ全体は107枚のキャンバスからなり、単一パネル、二連、三連、四連、さらには六連と、すべて大判へと分けられている。2019年、ロンドンでカルティエ現代美術財団ゼネラル ディレクター、エルベ・シャンデスから受けた招きに応えるこの展覧会は、エルベ・シャンデスとハースト自身が選んだ30点の絵画を展示。ジャン・ヌーヴェル(Jean Nouvel)が手掛けたスペースを占有する濃く鮮やかな絵の具で覆われたキャンバス群は、見る者を絵画へと引き込む。


ダミアン・ハースト「Renewal Blossom」, 2018. 撮影 Prudence Cuming Associates. (C) Damien Hirst and Science Ltd. 禁無断転載, DACS 2021


ダミアン・ハースト「 Spiritual Day Blossom 」, 2018. 撮影 Prudence Cuming Associates. (C) Damien Hirst and Science Ltd. 禁無断転載, DACS 2021

ダミアン・ハースト 『CHERRY BLOSSOMS』​開催期間:2021年6月1日-2022年1月2日​開催場所:カルティエ現代美術財団


ダミアン・ハースト, 2019. 撮影 Prudence Cuming Associates. (C) Damien Hirst and Science Ltd. 禁無断転載, DACS 2021

ダミアン・ハースト(Damien Hirst)1965年にブリストル(英国)で生まれリーズで育ったダミアン・ハーストは、1984年にロンドンへ移り、現在も暮らしている。1988年、ゴールドスミス カレッジ在学中に、他の学生の作品とともに自作を展示する『Freeze』展を主催。同展は、自身のみならず、その他大勢の新進アーティストのキャリアをスタートさせるきっかけになるとともに、「ヤング ブリティッシュ アーティスト」の誕生を画するものだった。1995年にはターナー賞を受賞。ダミアン・ハーストの創作活動は彫刻、インスタレーション、絵画、描画にわたり、生と死、過剰さ、はかなさに関連したテーマを探る。国際的に著名なアーティストである彼の作品は、大規模回顧展の一環としてロンドンのテート モダン(『Damien Hirst』、2012年)、ヴェネツィアのパラッツォ グラッシおよびプンタ デッラ ドガーナ(『Treasure from the Wreck of the Unbelievable』、2017年)で展示されてきた。

カルティエ カスタマー サービスセンター​ 0120-301-757​

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ