千原ジュニアの「魔の福岡帰り」エピソードに一同爆笑!

Entame Plex



テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は21日、ABEMA NEWSチャンネルにて、『ABEMA的ニュースショー』を生放送した。

この日の放送では、総フォロワー数200万人の人気YouTuber・大関れいかがゲストとして初登場。高校2年生の頃からYouTuberを始めたという大関に、番組MCを務めるお笑い芸人の千原ジュニアはお笑いコンビ・TKOの木本武宏を指しながら「隣に座っている木本さんにも教えてあげてー」と伝えると、木本は「相方の木下がYouTubeで記録的なBad(低評価)数を稼いでしまったのでその知識はありますけどね」と突っ込み、スタジオの笑いを誘った。

また、番組ではゲストの元衆議院議員・宮崎謙介の当選同期である、白須賀貴樹衆議院議員が緊急事態宣言下に夜遅くまで東京都内の高級ラウンジを訪れていたことが判明し、離党したことを報じた。白須賀衆議院議員や宮崎元衆議院議員は、不祥事で離党や議員辞職に追い込まれる衆議院議員が続出した「魔の3回生」と呼ばれることからスタジオでは、「魔の○○」についてトークを展開。



自身の「魔の○○」について、大関は「魔の23時半」と切り出すと、「23時半を越えるとソファが私を掴んで離さなくなる。ソファで携帯をいじってしまい、お風呂や洗濯物などやることはたくさんあるのに動けなくなる」と語ると、これには出演者らも「わかるー!」と納得。また、アイドルグループ・SKE48の須田亜香里は「魔の土地」について「20年くらい前から馴染みのある場所にお店があり、よくお化けが出るという噂が立っていた。その後20年の間に10回くらいお店が変わっていく中、この間見たら葬儀場になっていた。なるべく姿になったんだなと安心した」と語った。

一方、ジュニアは「魔の福岡帰り」と切り出し、「福岡に月一くらいで行くが、ご飯が美味しいので一日5食くらい食べるし、普段はしない〆のラーメンまで食べてしまう。そのせいで過去に、そのまま飛行機に乗って東京に帰ってきてタクシーに乗ったときにお腹が我慢できなくて大変だった時があった。福岡帰りは毎回トイレに駆け込んでいる」と話し、一同爆笑。これを聞いた木本も

「わかる。福岡は行っておきたいお店がいっぱいあるから妥協できない」と納得する様子を見せていた。

(C)AbemaTV,Inc.

当記事はEntame Plexの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ