『ふしぎ発見』台湾美女レポーターが話題に「腹立つくらいかわいい」

まいじつ


(C)Piyato / Shutterstock 

2月13日放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)でミステリーハンターを務めた台湾在住タレントが、ネットで「かわいい」と反響を集めた。

放送日がバレンタイン前日であることにかけたのか、この日は「恋しちゃった台湾 2021~グルメ占い神秘の森」とのタイトルで台湾をリポート。最新のおしゃれな台湾グルメから、山の民と呼ばれるタロコ族といく秘境ツアーまで、さまざまな魅力を紹介していった。ミステリーハンターとしてこの旅をリポートしたのが、台湾在住タレントのアンナ・リー(安娜李)。日本語と英語も堪能な彼女は、視聴者に分かりやすいよう、流暢な日本語も交えながら情報を伝えていった。

非常に明るい性格のアンナは、賑やかな市街地も険しい山道も笑顔でロケを行なっていく。ルックスは美女そのものだが、バーベキューで燃え上がる火には「水! 水!」となぜか日本語で慌てるキュートな面も見せた。


『あらびき団』出演経験も…


端正な顔立ちにかわいらしく明るいキャラクターとくれば、当然、視聴者はその魅力の虜に。ネット上には

《誰これ かわいい》
《腹立つくらいかわいいな》
《この子の顔めっちゃタイプ》
《36歳に見えんな》
《アンナだけ見せろや》
《ミステリーハンターはやっぱりかわいくなくちゃな》

など、好評が相次ぐことになった。

「『ふしぎ発見』には初出演のアンナでしたが、日本のテレビ番組には、10年以上前からたびたび出演していました。かつては『あらびき団』(TBS系)に出たこともあるため、深夜のネタ見せ番組から、同局土曜の看板番組出演にまで大きな出世を果たしましたね。昨年には、NHKで放送された台湾との合作ドラマ『路~台湾エクスプレス~』に出演するなど、活躍の幅も広がっています。インスタグラム・ツイッター・YouTubeとSNS展開も活発で、YouTubeでは韓国のボーイズグループ『BTS』のダンスに挑戦、キレキレの動きを見せています」(芸能ライター)



好評を受け、近いうちに2回目のミステリーハンターも有り得そうだ。

【画像】

Piyato / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ