元ブルゾンちえみに怪現象? フォロワー3万弱でもYouTubeが好調な理由

まいじつ

藤原史織 
(C)まいじつ 

『ワタナベエンターテインメント』を昨年3月に退所し、現在はフリーで言論活動に勤しんでいる、元ブルゾンちえみこと藤原史織。芸人時代は「つまらない」などの批判も多かった彼女だが、YouTubeチャンネルが意外な結果を残しているようだ。

藤原は「ブルゾン」の看板を降ろした直後、新名義でのツイッターと同時にYouTubeも開設。しかしその後、同チャンネルを閉鎖し、昨年末に『SHIORI FUJIWARA』として再開させた。初回はオネェ系ユーチューバー・ぺえをゲストに招き、部屋でダラダラと話すだけの動画で40万回再生を記録。後編を挟み、2回目には女優・水川あさみを呼び、35万回再生の数字を残した。

その後の動画も、夕飯を作る、ケチャップの蓋を開けるといった何気ない企画で、数万回再生をコンスタントに記録。ぺえと2度目のコラボでは22万回再生と、藤原のYouTubeは一定の数字で好調を堅持している。一方、藤原に改名した後に作り直した彼女のツイッターは、フォロワー数が2.8万人。これは「35億」で一世を風靡したことを考えると寂しい数字であり、YouTubeの再生回数からしても不釣り合いだ。


キラキラ系インスタユーザーが流入?


「3万人以下のフォロワーで、コンスタントに数万~数十万回再生を記録できるのは謎ですね。世間の注目度に比べての再生回数は多いのですが、どこからファンが湧いているのか不思議でなりません」(芸能ライターA)

一方で、こうした数字は「理解できる」という見方もあるようだ。

「事務所退所&改名時、藤原はツイッターアカウントを作り直しましたが、インスタグラムはユーザー名だけ変えてアカウントを継続。こちらはブレーク時代の遺産で、240万フォロワーを誇っています。結局、旧ツイッターアカウントのフォローは『35億』の大ブレークに気を引かれただけで、新たにフォローするほどの興味はなかったのでしょう。YouTubeには、インスタから支持者が流れてきているのではないでしょうか」(芸能ライターB)

確かに、YouTubeのコメント欄を見ると

《このおふたりのコラボ大好きだよ~~~!》
《ぺえちゃんとの動画見て、ブルゾンさん改めしおりさん大好きになりました》
《ブルゾンちえみさんの時よりも言葉遣いのキレイさと面白さ発揮されてますよね》
《自分に素直で正直な人だな。とても好きになりました》
《しおりちゃんのチャンネル見つけて楽しみが増えた》

など、インスタを主な生息地にしていると思われる、キラキラ系女子の声が多く目につく。藤原はファッションに関するインスタ投稿が多いため、同性から注目を集め、支持者となっているのだろう。

イタリア留学に行くはずが、コロナ禍で中止となった藤原。このまま日本で言論活動を続けるのか、それとも一段落した後に渡航し直すのだろうか…。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ