彼の職場に差し入れに行くと、衝撃の事実が…。恋に臆病になってしまった話

女子SPA!

「まさか彼が私のことを、あんなふうに言っていたなんて……。すごくショックでした」

自身の恋愛を振り返り、そう漏らす藤田優花さん(仮名・29)は、とある男性の裏切りに深く傷つき、誰かと付き合うことが怖くなってしまいました。

◆大工の彼から猛烈アピールをされて

優花さんはマッチングアプリで知り合った年下男性と付き合うことに。彼は最初から熱烈なアピールをしてきました。

「付き合う前から、“本当にタイプ”とか“結婚前提で付き合いたい”と言ってくれて、嬉しかったです」

こんなにも自分を求めてくれる人がいる――。その事実は、2年ほど彼氏がいなかった優花さんの心に刺さりました。

「付き合ってからも、毎日LINEで“本当に好きすぎる”とか、“こんなどタイプな人と出会えて幸せだ”とかいろいろ言ってくれて、すっかり舞い上がってしまいました」

しかし、付き合う中でひとつ、問題が。

「彼は大工で土日も出勤することがあったので、なかなか休みが合わなくて。会えないストレスを彼にぶつけて、喧嘩をすることが増えていきました」

◆休みが合わず、職場へ差し入れを持っていくように

このままだと、この恋が終わってしまう……。そう思った優花さんはお昼休憩の時間を狙い、彼の職場へ差し入れを持っていくようになりました。

「時には、電車で1~2時間かけて会いに行ったのに、10分ほどしか休憩時間に話せなかったこともありましたが、少しの時間でも彼に会えれば幸せでしたね」

差し入れに選んでいたのはドーナツやどらやき、プリンなどのデザート。夏には塩分チャージができる飴やスポーツドリンクも持っていきました。

「肉体仕事だからこそ、甘いものを口にして、少しでも体の疲れがとれたらいいなと。彼の分だけじゃなく、その日、現場に何人いるか聞いて、人数分の差し入れを持って行っていました」

そうしているうちに、優花さんは彼の上司や後輩とも親しくなり、会話をするように。時には彼も交え、一緒にお昼ご飯を食べることもありました。

そんな日の別れ際、彼は決まって「ありがとう。本当にいい奥さんになってくれそうで心強いよ」と優花さんに感謝。未来が見える言葉を聞くたび、胸が躍りました。

◆後輩から衝撃の事実を聞かされる

優花さんが彼の仕事場へ足を運ぶようになってから3か月ほど過ぎた頃、いつものように差し入れに行くと、彼の後輩から突然、予期せぬ言葉を言われました。

「『そろそろ、都合がいい女ってことを自覚したほうがいいですよ』って言われて……。どういう意味だろうって思い、その子に詳しく彼のことを聞いたんです」

「これ以上見ていられないから……」と後輩は、彼に別の女性がいるという衝撃の事実を教えてくれました。

「しかも、私と付き合う前から。2人は同棲していました」

すぐに彼を問い詰めると、「あいつは嘘つきだから信じないほうがいい。俺たちの仲を羨んでるだけだよ」と言われましたが、一度芽生えた不信感は消えず……。そこで、別の後輩の子に本当のことを教えてほしいと頼むと、優花さんが帰った後、彼はいつも上司と一緒に「セフレは手も金もかからないからラク」と笑っていたのだと知らされました。

◆心の傷は癒えず、恋愛に臆病に

「とにかくショックでした。みんなグルだったなんて……。早く結婚したいという気持ちが強かったので、甘い言葉にすっかりほだされてしまいました。仲良くなれたと思っていた彼の上司や後輩もこれまでずっと私を笑っていたんだなって……」

後日、別れの言葉を告げると、彼は「俺よりも他の男の言うことを信じる女なんていらない」と吐き捨て、優花さんのもとから去っていきました。しかし、彼につけられた心の傷は、今も痛みます。

「誰かと付き合うことに臆病になりました。この人も、私のことを騙していたらどうしよう、付き合っていると思っているのは自分だけだったらどうしようっていう考えが頭に浮かんじゃいます」

一番大切な人に、心から思ってもらえるような恋愛。そんな優しい恋に優花さんが早く巡り合い、傷が癒されることを願いたくなります。

<取材・文/古川諭香>

【古川諭香】

愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ