サンシャイン池崎、1万回ネタを叫び続ける企画から一夜明けた姿に驚きの声

しらべぇ




26日、お笑いタレントのサンシャイン池崎が自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。1万回「ジャスティス」と叫び続ける企画から一夜明けた姿を公開し、驚きの声が上がっている。

■登録者数10万人を記念


20日に、チャンネル登録者数10万人突破を記念して、持ちネタ「ジャスティス」を1万回繰り出し続ける企画を実施。当日は朝4時起きで企画に挑み、約10時間にも及ぶ生配信で1万回のジャスティスを唱えることに成功した。

この動画は大反響を呼び、26日時点で約237万回再生されている。

関連記事:『スッキリ』サンシャイン池崎が絶叫連発 加藤浩次から注意されてしまう

■声が出ないかと思いきや…


この日に投稿された動画は、同企画から一夜明けた池崎の様子を収めたもの。相当疲労がたまり、喉も潰れているかと思いきや、動画冒頭で池崎は「イエーーーイ! ジャスティス!」と叫び、普段と全く変わらない様子を見せる。

企画から16時間ほどしか経過していないものの、通常運転の池崎にスタッフは「なんで声枯れてないんですか?」「マジでどうなってるんですか?」と衝撃。

■体の所々には痛みが


企画終了後の池崎は、車内で常にのど飴を舐めて喉をケアしていたが、帰宅してから愛猫に「ただいま」と声をかけたくても声が出ないほど影響が出ていたよう。それでも、現在は「一晩寝たら治った」とあっけらかんとしている。

しかし、喉は無事でも両腕やジャスティスの動作に使った指に筋肉痛があり、叫び過ぎで肋骨のあたりにも痛みが出ていると現状を語った。

■今後の活動への意気込みを語る


企画後初の投稿となる同日の動画には、「お疲れさまでした」「感動をありがとうございます!」「人生頑張っていこうと思いました」とのコメントが数多く寄せられており、多くの人に感動や勇気を与えていることがわかる。

また、体には少し影響が出ているものの、声やテンションなど普段とほとんど変わらない池崎の様子に「人体の不思議どころじゃない」「体も心も強靭すぎる」「あれから16時間で喉ピンピンて化け物か…」と、スタッフ同様に驚いた人も少なくないようだ。

動画の最後には、今回の企画で得た収益を使用して「なんか良い感じの爆裂ギャラクシーライブできるようにがんばります」と意気込みを語った池崎。同チャンネルの今度の動向に期待を寄せるファンも少なくないだろう。

・合わせて読みたい→厚切りジェイソン、番組企画で肩の負傷を告白 その後の対応に「涙出た」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ