『紅蓮華』作曲家・草野華余子、超爆買い生活の実態が明らかに

 

2月24日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、大ヒットアニメ『鬼滅の刃』のOP曲『紅蓮華』の作曲者でシンガー・ソングライターの草野華余子がゲスト出演し、破天荒な爆買いエピソードを語った。

 

「こんなに美味しいもの売り切れたらヤバい」

現在、都内に1人暮らしという草野。自宅で作曲する姿を公開し「かっこいい」と指原莉乃も感嘆。しかし次の瞬間、玄関のチャイムと共に次々と宅配が……。中身は今ハマっているリンゴの加工品やサーモンなど。これを見たMCの後藤輝基が「あれぐらい買わないと気が済まない?」と問うと草野は「ちょっと比較したりしたいから、いろんなメーカーさんを頼んだりする」と爆買いの理由を明かした。

続けて草野は「賞味期限切れそうなものも一気に頼んじゃって。前ヤバかったのが豆腐が1箱に1丁しか入ってないと思ってたら4丁入ってて、それを5箱頼んでしまって20丁ぐらい来たんですけど、2日後が賞味期限で、毎時間豆腐食べててもどうにもいかへんから、周りの友達にチャリンコで豆腐配りに行きました」とエピソードを語り笑わせた。

 

そんな草野の冷凍庫には現在、2年前に購入したコンビニのアイス「スイカバー」が100本近く眠っている。この事態について草野は「某コンビニでこれが発売された時に1本食べて、『味の革命じゃ~!』みたいな感じになって、どうしても毎朝毎晩食べたいから、朝イチで釣りに持って行くクーラーボックスを取り寄せて、全部のコンビニ回ろうと思って。自分の住んでいる駅の周りを夏の炎天下32℃の時に全部買いあさって、実家にも電話して『家の近くのコンビニにあるスイカバー全部買い占めておいて!お金は私が出すから!』って電話を切って、100本買って夕方家に帰って2本か3本食べた時に『あ、もうエエかな』ってなったんですよ」と告白。

 

「店員さんもビックリしてはったでしょ」という後藤に草野は「スイカバーが入ってるクーラーボックスに、それ(スイカバー)を入れてるのを見たコンビニの店員さんが『お祭りかなんかですか?』って聞きはって」と爆笑していた。

※トップ画像は『今夜くらべてみました』公式Instagram(@ntv_konkura)より

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ