千鳥・大悟、ノブにガチ説教「NGKでの顔に気ぃつけぇ!」

 

2月23日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)にて、千鳥の大悟が、笑いの殿堂『なんばグランド花月(通称NGK)』でのノブの態度に本気の注意を行った。

 

ノブなりに気を遣ったが大悟は「どうでもええ!」

まず大悟は「あんまり楽屋にいる時に『ノブあれはアカンで』とは言いにくいとこもあるやんか。でもこれはホンマに言っとかんとアカンなと思って」と切り出すと「ノブ、お前はある程度の給料もあるやろうし、昼飯を食う800円とかが痛くないのは分かる。ワシも痛くない。正直言うと。ただNGKという建物において、ワシらはいつまでも“腹ペコ若手”じゃないとダメやねん」と釘を刺す。

 

大悟は「NGKに行ったらワシらはダントツの1番下になるわけ。師匠がずっと(上の方に)おられて(その下に)中堅の方がおられて(底辺に位置するのが)わしらや。あの建物内ではこのピラミッドは崩れない。分かるやろ?」とNGKにおいて千鳥は若手であると大悟。

 

そこで話は、先日大悟がNGKにてトミーズの雅に出前を奢ってもらったという話に。「雅さんが『好きなん頼め!』って言って自分は『ありがとうございます!』っつって。もうペコペコよ?ワシなんかは」と腹をすかせた後輩を演じるのだといい「雅さんもワシが昼飯代ぐらいあるのは分かってるけどな」とそこはあえて先輩後輩のコミュニケーションなのだと説明。そして出前が来るのを待っていた時にノブが現れ、「奢るから好きなもん頼め!」と言った雅にノブが「自分で買います」と断ったと明かし「これは(アカンで)ノブ!」と叱る大悟。

 

これにノブは出前が来るギリギリだったから「タイミングが遅かった」と説明するも大悟は「そんなんはどうでもええ!」と一喝し、ノブが「もう1回雅さんの財布を(出させるわけにはいかない)」と主張するも「出したいねん!雅さんは!もう1回であろうがもう2回であろうが。わかるか?やっぱりNGKに入った瞬間は、“腹ペコでたどり着いた顔”しとかんとアカン!」と常にハングリーな可愛い後輩であれとガチ説教していた。

※トップ画像は、『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』公式サイトのスクリーンショット

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ