『モーニングショー』苦言殺到! 謎の“マスクマナー”に「心底どうでもいい」

まいじつ


(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

オンライン会議の〝上座〟など、マナー講師によって日本のトンデモマナーが無尽蔵に生まれている。2月23日放送の『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)でも、マスクにまつわる新しいマナーが紹介され、ネット上で物議を醸しているようだ。

この日の番組では、仕事上でのマスクの着用マナーについて特集。パネルを用いながら、ビジネスインストラクターの鈴木真理子氏が提唱するマスクの着用マナーを紹介していった。

鈴木氏によると、薄いピンクと会社のロゴ入りマスクはOK。黒いマスクは、スーツやシャツと調和している場合のみ着用可能。そして、原色系は威圧感があるためNG。イラストや柄入りのマスクも相手に気を遣わせてしまうため、NGとのことだ。

ちなみに、取引先や上司が〝変わったマスク〟を着用している場合は、イレギュラーな対応が必要。先方がマスクに触れてほしいと望んでいる可能性があるため、話題に出すと仕事が円滑に進むこともあるそうだ。

視聴者失笑! トンデモマナーにバッシング


番組で紹介されたユニークなビジネスマナーの内容に、ネット上では、

《マナーの押しつけはマナー違反です》
《またマナー講師が変なマナーを作り出しているけど、心底どうでもいい》
《テレビでマスクのマナーについてやってるけど、インストラクターが考えたとか言っててクソワロタ》
《マナー講師は適当なこと考えるだけでええから楽やのぉ》
《失礼クリエイターことマナー講師が、なぞのマナーを作り上げたみたい》
《マナーっていうのは、先例による、集団による、上下による事によって違うので「私の考えた最強のマナー」とかやってる時点でマナーですらありません。お前何様だ?って話です》
《マナーマナーと視聴者に言うのならば、まずは、毎日テレビに出ている方々がやって見せるべき》

などと、疑問の声が続出している。なお番組のコメンテーター・玉川徹氏からの評判も悪く「どうでもいいよ」「マスクすることが大事なワケであって、柄とか関係ない」といった意見が飛び出していた。

「極めつけは、河野太郎内閣府特命担当大臣の一言でした。河野氏はツイッターで、番組のマスクマナーに苦言を呈す一般人のツイートを引用リツイートし、《ヤメレ》と投稿。彼は国会などで『鬼滅の刃』柄のマスクなどを着用していることもあるので、新たに生み出されたマナーに疑問を抱いたのでしょう」(芸能ライター)

政治家が否定するようなマナーを生み出し、それを人々に強要するビジネスインストラクターたち。意味のないことを強要する方がマナー違反だと声を大にして言いたい。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ