KLMシティホッパー、初のE195-E2を導入

Traicy

KLMシティホッパー(E195-E2)KLMオランダ航空の地域子会社であるKLMシティホッパーは2月23日、初のE195-E2を受領した。ICBCアビエーションリーシングからリースで導入する。ブラジルのサン・ジョゼ・ドス・カンポスで式典を開催した。

前世代機であるE190型機より、排出ガスの削減と騒音の低減が図られており、1座席あたりの二酸化炭素排出量を31%削減している。騒音レベルも低く、アムステルダム・スキポール空港の厳格な騒音規制を満たすものだという。

KLMシティホッパー(E195-E2)ビジネスクラス20席、エコノミーコンフォート8席、エコノミークラス104席の計132席を備えている。KLMシティホッパーは17機のE170型機、32機のE190型機を保有しており、Eジェットは50機目の導入となった。

KLMシティホッパーは、同型機を確定発注で25機、オプションで10機を発注している。確定発注の25機のうち、ICBCアビエーションリーシングから10機、エアキャッスルから15機をリースで導入する。エアキャッスルの4機は、最近オプションを行使し、追加した。

KLMシティホッパー(E195-E2)KLMシティホッパー(E195-E2)KLMシティホッパー(E195-E2)

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ