細田守『時をかける少女』4DX版、4.2より期間限定上映決定

クランクイン!

 公開15周年を迎える細田守監督のアニメ映画『時をかける少女』(2006)が、『時をかける少女 4DX』として4月2日より全国4DXシアターにて期間限定上映されることが決定。併せて、4DX版ポスタービジュアルと予告編も解禁された。

SF作家・筒井康隆の小説を細田監督が再構築し、初めてアニメーション映画化した本作。タイムリープという過去に飛べる能力を手にした女子高校生の真琴は、自分の過去をやり直していくうちに「人生のかけがえのない時間」の意味を見つけ出していく―。2006年、全国わずか6館の劇場公開から始まったが、幅広い観客の評判が全国的に広まり、異例の8ヵ月を超える超ロングラン上映となった伝説の作品だ。

今回の4DX版期間限定上映は、細田監督が設立したアニメーション映画企画制作会社「スタジオ地図」の設立10周年を記念するプロジェクトの一環。高校生のひと夏をみずみずしく描き、タイムリープを見事に表現した細田監督のアニメーションが、4DXでさらにパワーアップする。

4DXは、<体感型(4D)>を演出するための最新劇場上映システム。座席が作品中のシーンと完璧に連動し、前後&上下左右に動く。また、風、水(ミスト)、香り、煙など、各種演出も体感できるアトラクション効果を搭載しており、観客のあらゆる感覚を刺激する。

アニメ映画『時をかける少女 4DX』は、4月2日より全国4DXシアター(一部劇場は除く)にて期間限定上映。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ