表情のかわりに「色の効果」を利用する! 自分らしさが相手に伝わる「色」の選び方

All About

周囲の人とのコミュニケーションがうまくいかないと感じたときは、自分らしい色の服を身につけてみましょう。キャラクター別に4つの色をご紹介します。

色の効果で「自分らしさ」を伝えよう

顔の下半分が隠れてしまうマスク生活では、お互いの感情がわかりにくくなっています。気持ちや自分らしさが伝わりやすくなるように、ファッションもひと工夫したいものです。

「赤は情熱的」「青は冷静沈着」というように、色にはそれぞれイメージがあります。キャラクターに合った色の服を身につけると、コミュニケーションを円滑にする一助となるでしょう。

ここでは、自分らしさを伝える色選びのコツをナビゲートします。

人当たりがよく社交的な「オレンジ」

オレンジのリブニットを差し色にしたカジュアルなコーディネート 出典:WEAR
外交的、活動的なキャラクターには、暖色系の中でもオレンジがマッチします。

情熱的なレッドと、希望に満ちたイエローの性質を併せ持つオレンジは、陽気で開放的、弾むようなあたたかさを連想させます。初対面の人ともすぐに打ち解ける、フレンドリーな魅力を表現するのに最も適した色です。

快活で親しみやすいイメージですが、コーディネート全体に占める割合が多くなると、見た人に与える刺激が強すぎるかもしれません。ブルー系のデニムパンツやオリーブグリーンのアウターなど、ベーシックカラーの差し色として取り入れるとバランスがよいでしょう。

繊細だけどポジティブな「コーラル」

コーラル色のシャイニープリーツスカート 出典:WEAR
コーラルは、美しい海に生息するサンゴの色。

小さなサンゴが集まり、大きなサンゴ礁を作るように、多くの人とつながりを持ちながら共に生きていく……。そんなイメージと結びついています。

コーラルは、社交的なオレンジと、現実的に進んでいくパワフルなレッドが合わさった色。繊細な優しさと自立した強さを持つ、あたたかくポジティブな光に満ちた色です。繊細で傷つきやすい面もありますが、困難を乗り越え、自立して生きていく力強さも備わっています。

光沢のある生地を使ったプリーツスカートは、色の持つイメージにぴったり。おだやかなベージュ、凛としたブラックとのコーディネートも、コーラルの優しさと強さにマッチしています。

競争よりも共創を願う「イエローグリーン」

明るいイエローグリーンを取り入れた春らしいコーディネート 出典:WEAR
バランス感覚に優れ、調和を重んじるグリーンと、機知に富み、周囲を楽しませるイエローの性質を併せ持つイエローグリーン。

平和と希望の象徴であり、周りと協調しながら、自己主張もきちんとできる人をサポートします。お互いの個性を尊重し、個性的な花が咲き誇る、美しい庭園のような世界を作っていきたいと願う人の魅力を引き出してくれる色です。

春に向かうシーズンは、ホワイトやベージュなど明るいトーンのコーディネートに取り入れると、季節感にマッチした装いとなるでしょう。

変化を恐れない「バイオレット」

バイオレットのランダムなデザインニット 出典:WEAR
高貴で優美なエネルギーをもつバイオレットは、理想を追い求めるブルーと、現実的に進んでいくレッドが合わさった色。

地に足のついた生き方をしながら、現実社会で理想を叶えていく……。「パワフルで能動的」と「ソフトで受容的」の、相反する力が渦巻いているような、ちょっと気難しい一面のあるキャラクターにマッチします。

リブ編みとケーブル編み、アラン編みが組み合わせられたランダムなデザインニットは、バイオレットのイメージにぴったり。誰とでもすぐには打ち解けなさそうだけど、想像力、直感力に富み、芸術的な感性も備え、変化を怖がらずに進んでいける……。ちょっと複雑な印象を与える色です。

キャラクターに合う色をテーマに、4つの色をご紹介しました。自分らしいと感じる色があれば、ぜひ取り入れてみてください。
(文:松本 英恵(カラーコーディネートガイド))

当記事はAll Aboutの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ