ケツメイシ、令和版「さくら」のショートフィルムが公開

SPICE


今年メジャーデビュー20周年を迎えるRYO(MC)、RYOJI(Vo&MC)、大蔵(MC)、DJ KOHNO(DJ)からなるラップグループケツメイシが、先週公開したミュージックビデオ、令和版「さくら」 (2021年 ver.)のビハインドストーリーを描いたショートフィルム[前編]を公開した。

本作では「さくら」 (2021年 ver.)ミュージックビデオでは描き切れなかった、主人公のミク(久間田琳加)とリツ(伊藤あさひ)の葛藤と成長を描いた内容となっている。

主演の二人のほかにも、実力派バイプレーヤーとして数々の作品に出演する矢柴俊博や黒田よし子、2019年に約1000人によるオーディションで映画『町田くんの世界』の主演に選ばれた細田佳央太、そして昨年TBSドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』にも出演した新谷ゆづみなどが出演し、ミュージックビデオの枠を超えた作品となっている。

さらに監督には令和版「さくら」ミュージックビデオ同様、「おっさんずラブ」(テレビ朝日)などでも演出を担当したYuki Saitoが務め、楽曲「さくら」からインスパイアを受け、完全オリジナルストーリーのショートフィルムとなっている。

来週にはショートフィルムの[後編]も公開予定とのことなので、まずはメジャーデビュー20周年記念として制作された「さくら (2021年 ver.)」ミュージックビデオと今回の前編を楽しんでいただきたい。

令和版「さくら」 ショートフィルム[前編]

「さくら (2021年 ver.)」ミュージックビデオ

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ