哀川翔、あわや水難事故の子どもを救助

クランクイン!

 俳優の哀川翔が23日、都内で開催された映画『新デコトラのシュウ鷲』大ヒットよろしく舞台あいさつに出席。本作で人助けに奮闘する主人公を演じる哀川は、水難事故に遭いかけた子どもを救助したエピソードを明かした。

シリーズで12年ぶりの復活となった本作は、デコレーショントラック(デコトラ)の運転手である主人公・飛田鷲一郎(哀川)が、平成から令和に時代が移り変わっても、変わらずに人助けに奔走する姿を描く痛快娯楽劇。イベントには哀川のほか、マドンナの高宮すずめを演じる剛力彩芽、新羅慎二(若旦那)、勝俣州和、柳沢慎吾も登壇した。

映画の内容にちなんで、人助けの経験を聞かれた哀川は、熊本で訪れた水辺でのエピソードに触れ「水をずっと見てたら、親子連れがいるなって、なんとなく感じてた」と回想。「しばらくして、『ちゃぽん』って音がしたの。横で。どうしたのかな? って思ったら、子どもが落ちているんだよね。見たら、お母さんとかも、席を外していなくて。子どもがどーんて落ちて、ぶくって沈んでいったのが見えた」と驚きの展開を明かした。

さらに哀川は「それで、ひゅっと上がってきたときに、手をつかんでね。軽く上がったんだよね。じゃぼんって出してあげたら、お母さんがちょうど来て。『今、子ども落ちてたよ』って。誰もいなかったら大変よ。すごく深いからね」と、役柄同様にしっかりと人助けを行ったことを明かした。

一方の剛力は「マネージャーとタクシーに乗る機会がありまして。ちょっと『遠出をするってなって、何か忘れ物をしてないかな?』みたいな話になった」と述懐。マネージャーが、自分が携帯を忘れたら連絡を取りづらくなると話していた直後、そのマネージャーがタクシーの車内に携帯を忘れてしまったそう。「急いで電話を掛けたら、運転手さんも気づいてくれて。『10分後に、渡しに来ます』って言ってくださって。無事、その日のうちにちゃんと帰ってきました」と笑顔で話していた。

映画『新デコトラのシュウ鷲』は公開中。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ