ポケモンやスター・ウォーズも……パリの彫像をポップカルチャーのキャラクターにしてみたら

ガジェット通信



パリ市内の彫像がポップカルチャーのキャラクターに差し替えられた写真がInstagramで公開されています。作品を手掛けたのはフランスのフォトグラファー、ブノワ・ラプレイさん。

https://www.instagram.com/p/CLRSA89g9nj/

写真のネガをデジタル化し、加工・修正されて完成した“武道チャンピオン”。

https://www.instagram.com/p/CHnnmHngq3F/

“ポケットモンスターとトレーナー”。

https://www.instagram.com/p/CIBUO9ngdRx/

“帝国の軍隊”。

https://www.instagram.com/p/CHYJ4CVgtO0/

“王女のしもべ”。

https://www.instagram.com/p/CJ_LdcLgRR_/

“怒る男”。

Instagramのコメント欄には以下のような声が寄せられています。



・素晴らしいコンセプト

・どれもいい写真だ

・お見事です

・最高のプロジェクト

・いいアイデアだね

・“帝国の軍隊”の世界観は完璧

・マリオが見当たらないけど

・本当にこういうモニュメントがあったらなあ

・全部すごすぎます

・本物じゃないのがちょっと悲しいけど

・天才ですか?



これらの写真は以下のリンクから購入可能です。価格は1枚550ユーロ(約7万円)~となっています。

MONUMENTS

https://www.benoitlapray-shop.com/category/monuments[リンク]

(C)️Benoit Lapray 2020

※画像:Instagramより引用

https://www.instagram.com/p/CHnnmHngq3F/

※ソース:

https://www.benoitlapray.com/personal-works/monuments

(執筆者: 6PAC)



当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ