キンプリ岩橋玄樹の復帰はいよいよ? メンバーとの交流匂わせに「いわちに会いたくなった」とファン感激

wezzy


  King & Prince(キンプリ)が 22日発売の「ViVi」4月号(講談社)の表紙&特集ページに登場。2018年11月からパニック障害の療養のため、活動を休止しているメンバー・岩橋玄樹についてコメントし、ファンを喜ばせている。

キンプリは同誌のインタビューでさまざまな質問に回答。一昨年、アメリカで武者修行を経験したことに絡めて「海外に自慢したいグループの武器」について問われ、高橋海人が歌やダンスのスキルだけでなく、語学力を磨く必要があると答えたのだが、続けて神宮寺勇太が<そこが難しいんだよね~。でも、(岩橋)玄樹がいるから! 英語の練習相手にぴったりかも>と岩橋の名前を出した。

それに対して平野紫耀が<でもあいつ、教えるの下手そう(笑)。>と言うと、永瀬廉も<うん、すぐ飽きちゃいそう(笑)>と返すなど、現在でも岩橋との仲の良さを感じさせるやりとりを見せたのだ。

岩橋はかねてより英会話スクールに通うなど英語力向上に努めており、英語を専門的に学べる大学に編入したことも明かしていた。2019年4月には、友人と訪れた東京・原宿駅近くのコンビニエンスストアで店員と口論になり、警察官に署まで連行されたと「文春オンライン」で報じられたことがあったが、同記事の有料版で公開された動画では、岩橋が外国人の友人とコンビニ店員のトラブルを仲裁するため、英語で話す様子などが映っていた。そんな岩橋について、休業中にもかかわらずトラブルに巻き込まれたことについて心配する声があった一方、ファンの間では「いわちメチャメチャ英語話せてカッコイイ」「英語話してるいわち最高」と話題になっていた。

「ViVi」4月号のインタビューではキンプリメンバーそれぞれの変わったところ・変わっていないところをお互いに述べ合う項目もあり、そこには岩橋の欄も設けられていた。

5人のメンバーは、岩橋の優しい性格や笑顔、童顔、凝り性で飽き性な部分は変わらないと明かしつつ、“変わったところ”については<絵文字の雰囲気が明るくなった(笑)>(岸優太)、<ファンの方々を大切にする気持ちが昔より強くなっているかな>(永瀬廉)、<以前よりもルックスが男らしくなったと思う>(高橋海人)などと言及している。

2018年に活動休止しているにもかかわらず2021年現在も岩橋との交流が続いていることを感じさせるキンプリメンバーのコメントに、ファンはSNSで「今の岩橋を匂わせ?」「メンバーがいわちの事話してくれるから、めっちゃいわちに会いたくなったよ」「泣かせにきてる? まさか岩橋のことまで書いてあるとは思わないじゃん」と感激の声を交わしている。

2月14日に、ジャニーズ事務所の社会貢献・支援活動プロジェクト「Johnny’s Smile Up!Project」の一環として行われた、所属タレント95人が医療従事者にInstagramとYouTubeで感謝の言葉を発信するという取り組みには不参加だった岩橋。しかし、メンバーと岩橋の交流が続いていることが判明し、ファンはひと安心したようだ。特に永瀬は、岩橋について<ファンの方々を大切にする気持ちが昔より強くなっている>と明かしていることもあり、いよいよ彼の復帰が現実味を帯びてきているのかもしれない。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ