プレステとXboxに対抗する新ゲーム機、ファーウェイが開発中?

PS41
Image: Gizmodo US

ハイエンドゲーム機の世界へ初参入か?

Huawei(ファーウェイ)といえば、日本でもスマートフォンブランドとして評価を高めユーザー層が広がってきたのに、米中貿易戦争のあおりを受けて今や苦境の真っただ中…。そんなイメージを抱いてしまいがちですけど、なんとか延命を試みざるを得ない四苦八苦の状況にどうやら喘いでいるだけではないようですよ。

このほどGizmochinaは、中国版のTwitterともいうべきWeiboにおいて、Huaweiが開発を進めているという新たな「MateStation」なるコンソールゲーム機の噂が駆け巡っていることを伝えました! ライバルはソニーのPlayStationないしはMicrosoft(マイクロソフト)のXboxとなるようで、かなりハイスペックでのゲーミング体験をもたらす独自のゲーム機に仕上げられるんだとか。有名なゲームソフトの開発メーカーなどともコラボし、高い完成度でリリースすべく準備が進んでいる可能性まで報じられています。
MatebookX_HuaweiShare_
Image: Huawei Japan

すでに「MateBook」シリーズのラップトップでも、一定の地位を築きつつあるHuawei。実はMateStationのネーミングは、同社が昨年リリースしたデスクトップPCのラインナップに使用されてきました。しかしながら、ちょっぴりPlayStationのブランドと被らせつつ、対抗マシンを用意してくるところは、もし噂が本当であれば興味をそそられるところでしょう。

なお、いきなりゲーム機として参入するのではなく、ハイエンドなゲーミングラップトップという形でまずはMateStationをデビューさせ、その後に本命の新コンソールを投入するといった流れもささやかれています。こちらはHuawei傘下であったものの、いまや完全に別ブランドとして売却されてしまったHonorからゲーミングラップトップの「Hunter V700」が発売されたため、HuaweiとしてもMateBookの上位機種に位置づけて出してくるのでは? そんな自然な展開があり得ると期待されているようです。

PlayStationやXboxの新シリーズは周期的に発売されてきたものの、こうしたハイエンドなコンソールゲーム機に対抗するまったく新たな存在となると、しばらく目にしていません。Huaweiが得意とするコストパフォーマンスで優れ、目玉のゲームソフトをそろえて、MateStationの噂が現実のものとなれば? まだまだ元気なHuaweiのチャレンジ精神を、楽しみにしたいところでしょうかね。

Source: Gizmochina

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ