週間天気 関東から九州 来週にかけて曇りや雨の日が多い

日直予報士

春の暖かさが一転、冬の寒さに戻る所が多くなるが、次第に春の暖かさが戻る1週間になる。北国でも、光の春から、気温の春を感じる日もある。tenki.jpの2週間天気では、その先に再び寒の戻りがあり、季節は、行きつ戻りつ。

●あすの天気と気温 冬型緩むが寒気の影響が残る

冬型の気圧配置が続きますが、大陸の高気圧が日本付近に移動してくるため、西から緩むでしょう。ただ、寒気の影響が、北海道や東北を中心に残る見込みです。
北海道と東北の日本海側は雪が降ったりやんだりで、ふぶく所もあるでしょう。北陸から山陰は雲が多めですが、雪や雨は次第にやんで、晴れ間の出る所もありそうです。九州から東北と北海道の太平洋側では晴れる所が多いでしょう。沖縄は昼頃まで晴れ間がありますが、曇る所が多くなるでしょう。
全国的に、きょうより寒くなる所が多く、北ほど真冬のような寒さです。沖縄は、きょうと同じか高くなるでしょう。25℃以上の夏日になる所がありそうです。

●あさってからの天気と気温 九州から本州の南は前線や低気圧の通り道

九州から本州の南は前線や低気圧の通り道になりそうです。東北や北海道は、高気圧と低気圧や前線が交互に通過するでしょう。
九州から関東にかけては、前線や低気圧の影響で、曇りや雨の日が多くなるでしょう。26日から27日は、低気圧の発達次第では、荒れた天気になる見込みです。
北陸と東北、北海道は、気圧の谷や寒気の影響で雲が多く、雪や雨の降る日が多い見込みですが、高気圧に覆われて晴れる日もあるでしょう。
沖縄では、晴れ間もありますが、曇りや雨の日が多い見込みです。
最高気温と最低気温は、北海道や東北で平年より低い日がありますが、次第に平年並みになりそうです。近畿から沖縄では、かなり高い日もあるでしょう。
冬の寒さから春の暖かさを感じる所が多くなりそうです。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ