田中みな実『俺の家の話』出演で大ブーイング! クドカン作品との相性は…

まいじつ

田中みな実 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

脚本家・宮藤官九郎の手掛けるドラマ『俺の家の話』(TBS系)の第5話が、2月19日に放送された。ゲストで登場した田中みな実に、視聴者からは落胆の声があがっているようだ。

同ドラマは〝ブリザード寿〟というリングネームで活躍する現役プロレスラーの観山寿一(長瀬智也)が、両親の介護や遺産相続といった〝人生の関門〟に直面する様子を描いたホームコメディー。

第5話では、いつ倒れてもおかしくない父・寿三郎(西田敏行)のために、寿一が家族旅行を計画する。大昔、子どもの頃にいったきりの家族旅行よりも良い思い出を作ろうと、寿一は周りの兄妹ら家族たちに協力を仰ぐ。

そして迎えた家族旅行当日、寿一の運転で出かけるのだが、その道中で寿三郎が「寄りたいところがある」と寄り道をさせる。そして着いた場所で、寿一は寿三郎の車椅子を押して、2人きりでとある民家へ。そこには、寿三郎が10年間に出会ったという農作業着姿の謎の女性・望月ちはる(田中みな実)がいたのだった…。

B級ドラマで輝く田中みな実


サプライズ的に田中が出演したのだが、視聴者の反応は辛辣で、ネット上では

《今期のドラマで1番楽しみに見ているので出ないで欲しかった…》
《このドラマにはいらなかった、と思ってしまった》
《誰一人ムダのない配役だったのに… ガッカリ》
《田中みな実のせいで一気に安っぽくなったな…》
《いや、まじで田中みな実やめろよ。一気にテンション下がった》

など、拒否反応が相次いでいる。

「田中といえば、鈴木おさむ氏の脚本作品など、狙いまくったコテコテの〝B級ドラマ〟でこそ輝いてきた人材。同じコメディージャンルと言えど、クドカン作品との相性の悪さは、ファンが強く感じているようです。特に今作は、介護をテーマにしている社会派な一面もありますから、田中の演技で世界観がぶち壊れてしまわないか、不安の声があがっているみたいですね」(芸能記者)

信者が多いクドカン作品。田中は一気にアンチを増やすのか、ファンを増やすのか、本格登場する次週の出来栄えに期待だ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ