BiSH、『ゴジラ S.P』OPテーマ担当に決定 放送は4月1日スタート

クランクイン!

 『ゴジラ』の完全新作テレビアニメシリーズ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』の放送開始日が4月1日に決定。TOKYO MX、KBS京都、BS11にて毎週木曜22時30分、サンテレビにて同24時に放送される。また、オープニングテーマはBiSHの書き下ろし新曲「in case…」に決まった。

本作は、映画とは全く違うオリジナルストーリーで贈る全13話のテレビアニメ。女性研究者の神野銘(声・宮本侑芽)と男性技術者の有川ユン(声・石毛翔弥)という2人の若き天才が、人類に訪れる未曽有の脅威に対して、周囲の人間たちと共に挑む姿が壮大なスケールで描かれる。

アニメーション制作はスタジオ「ボンズ」と「オレンジ」がタッグを組み、手描きとCGのハイブリッドで制作。監督は高橋敦史、シリーズ構成・脚本を芥川賞作家の円城塔、キャラクターデザイン原案を漫画『青の祓魔師』の作者・加藤和恵、アニメキャラデザインを石野聡が担当する。

オープニングテーマ「in case…」を手掛けるBiSHのセントチヒロ・チッチは「とても嬉しく、そして大きな意味を感じています。小さい頃から未知のドキドキを与えてくれた『ゴジラ』が大好きでした。最強の制作チームの皆さんが想いを集結させて新しい時代へと動き出すこの物語と、若者たちの思いを糧に、一緒に音楽を届けたいと思いました」とコメントしている。

併せてキービジュアルも解禁された。2人の主人公、神野銘と有川ユンらキャラクターたちが囲むように視線を送る先、中央には口を大きく開く“ゴジラ”の姿が描かれている。謎の図や数式もところ狭しと書き込まれており、新しさと昭和ゴジラポスター調のレトロさ併せ持つ仕上がりになっている。

アニメ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』は、4月1日より、TOKYO MX、KBS京都、BS11にて毎週木曜22時30分、サンテレビにて同24時放送。Netflixにて3月25日より各週1話ずつ先行配信。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ