綾瀬はるか『天国と地獄』第6話14.7%で復調! 一方で“先行き”に暗雲も…

まいじつ

天国と地獄 ~サイコな2人~
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

女優・綾瀬はるか主演のドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)第6話が2月21日に放送。世帯平均視聴率が14.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことが分かった。

初回は16.8%と好発進したものの、第2話は14.7%、第3話は14.1%とやや下降ぎみに。第4話は13.4%、第5話は13.2%と回を重ねるごとに右肩下がりとなっていたが、今回は前回から1.5ポイントアップし、回復の傾向を見せた。

第6話では、彩子(綾香はるか)の持っているラブレターのような手紙が事件の手がかりになると読んだ日高(高橋一生)を中心に、物語が進められていく。一方で河原(北村一輝)が、連続殺人事件の発端となった3年前の事件で証言をした目撃者を問い詰め、1人の怪しい人物に行きつく展開が繰り広げられた。

「徐々に視聴率が低下していましたが、今回再びアップし、底堅さを見せつけましたね。同作が放送された直後は、入れ替わりの演技に違和感を覚える人もいた模様。しかし今では、綾瀬と高橋の演技力に加え、キャラ作りの精巧さが評価され、年代問わず人気を集めています」(エンタメ誌記者)

綾瀬&高橋の“名演技”が懸念材料に?


今回の放送に視聴者からは、

《ストーリーの展開が複雑で真犯人が誰なのか?とか全くついていけなくなってしまったけど、八巻君や陸の演技も最高! そしてもっと高橋さんの演技が見たい》
《高橋さんが喋る時の口元が女性に似させようと努力してる姿が上手いなと思う。走り方も女性が走るような姿勢が流石。綾瀬さんも低音の声で喋られているし、役者魂とはこう言う人達の事でしょうかね》
《どちらも官能的なまでに入れ替わっている。そう思わせる技量に感服》
《ストーリーがより複雑化して先が読めないですが、余裕こいてた日高が動揺したり面白くなってきましたね。次回以降もドキドキです》

などと絶賛の声があがっている。一方で最終回の予想に、

《結局、入れ替わりモノってなんでもありなんだよな。作者がどうにでも話を作れるから、とてつもなくつまらないオチになる可能性も否定できない》
《ややこしくなってきたな。日高とアヤコ、入れ替えなくてもよかったんじゃ?とさえ思う》
《視聴率稼ぐために謎を増やすだけ増やして、最終回は雑に終了。っていうよくある最悪パターンにならないことを祈る》
《多重人格ENDだったら、夢オチと同じくらいのガッカリ感だわ》

などと、あらためて〝マンネリ化〟を指摘する厳しい声も飛んでいる。

「ここ最近、主流になっているのは、〝他にも入れ替わっている人物がいるのではないか〟という指摘です。番組公式サイトでは、『人の魂が入れ替わった先には、互いの価値観を根底から揺るがす、予想もしない真実と〝究極の愛〟が待っていた』と予告されています」(同・記者)

2017年に放送された福士蒼汰主演のドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)では、視聴者の間で犯人予想がされていた。しかし、最終話で主人公が〝二重人格〟であることが発覚。視聴者から《さすがにドン引きした》《別人格ってもはやなんでもありだろ》などと、怒りの声があがった。

綾瀬と高橋の名演技とキャラ立ちが評価されている『天国と地獄』。同じような結末で視聴者を落胆させなければいいのだが…。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ