『しゃべくり』初登場のハナコ・菊田、事務所先輩・ネプチューンにも「緊張感ない」

しらべぇ




22日放送『しゃべくり007』(日本テレビ系)にお笑い第7世代の人気トリオ・ハナコの菊田竜大、秋山寛貴、岡部大が初登場。所属事務所・ワタナベエンターテインメントの先輩にあたるネプチューンらがレギュラーの人気番組だが菊田は「緊張感はない」と本音を漏らした。

◼令和のコント職人


『キングオブコント(KOC)』を制した令和のコント職人・ハナコ。ネタを考えるのは秋山と岡部で、2人はお笑い・コントへの熱い情熱を持ち、笑いに真摯に向き合ってきた。対して菊田は「お笑いの仕事は大変。それが嫌になっている」と断言するなど、2人とは温度差がある。

この日も秋山と岡部は事務所の先輩・ネプチューンとの共演に緊張感を漂わせていた。秋山は「若手のライブにネプチューンさんが出てくれたのが1番興奮した」とネプチューンとの思い出を吐露、岡部は「原田泰造さんは憧れ、大好き」と原田への尊敬の念を滲ませる。

関連記事:ハナコ、明石家さんまとの共演を事務所から止められていた理由

◼菊田の答えに…


くりぃむしちゅー・上田晋也から「泰造のことどう思ってる?」と尋ねられた菊田は「泰造さんは好きですよ」と軽く答え、「なんでお前のほうが上からなんだよ」とツッコまれた。

「じゃあ(名倉)潤ちゃんは?」と続けて尋ねられた菊田は「潤ちゃんも好きです」と流れで思わず口にし「大先輩だよ」と指摘される。「潤ちゃんって言っちゃった」と苦笑した菊田は、ここで「『しゃべくり』なのに、まるで緊張感がない」と本心を吐露していく。

◼『KOC』は緊張したが…


「『KOC』はめちゃくちゃ緊張した。今日は座った瞬間、『あれ? 全然緊張してないな』って思った」と心境を明かした菊田に、上田は「それはどういうこと? 頑張ろうって気持ちがないから緊張しないの?」と質問する。

菊田は「いや多分、これだけの手練がいたらどうにかなると思って」と、ネプチューンやくりぃむら先輩芸人が自分を上手く料理してくれるため「安心しきっている」と自己分析。上田から「先輩に対して手練っていう言い方はない」とツッコミが飛んだ。

◼視聴者は好意的


先輩芸人を信頼しているからこそ、緊張感なく出演できると菊田は主張。その図太さが彼の魅力のひとつだけに、視聴者からも「緊張しない菊田さんほんと良いな」「菊田さんのこの緊張感のない面白さがいいんだよね」「菊田さん今日も緊張してない」と好意的な意見が殺到している。

言葉通り、菊田はこの日も先輩芸人にイジられて爪痕を残した。菊田ファンにも大満足の放送だったに違いない。

・合わせて読みたい→フワちゃん、裸にオーラを感じた芸能人を熱弁も有吉猛ツッコミ 「オーラないだろ」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ