香取慎吾、初の『鑑定団』出演に「まさか」『人にやさしく』で運命を感じたお宝


俳優・タレントの香取慎吾が、3月2日放送のテレビ東京のバラエティ番組『開運! なんでも鑑定団』(毎週火曜 20:54~)に出演する。

依頼人が持ち込んだ“お宝”を鑑定し、値段を発表する同番組。登場口から現れた香取は「すごい! 本物ですね! まさか、なんでも鑑定団にくるとは!」と依頼人として出演している自分にビックリ。司会の今田耕司も「オレもよ。なんでも鑑定団で共演するとは!」と驚き、福澤朗は香取との共演は「デビュー間もない頃以来だ」と、約30年ぶりの共演に感激する。

今回香取が鑑定を依頼したお宝は、香取が「おじさんと女の子」と呼んで自宅に飾っているという大きなペア人形。アンティーク家具を売っているインテリアショップで見かけて一目惚れしたが、売り物ではなかったため、店主にお願いしても譲っては貰えなかった。しかしその後、ドラマ『人にやさしく』に出演が決まって家のセットに入ったところ、そこに飾られていたのは一目惚れしたお宝で、運命を感じた香取は「どうか! もうこんな出会いと縁はないです!」と改めて何度もお願いし、ついに譲ってもらったという。クリスマスに友達が集まったときにはサンタの帽子をかぶせたりして楽しんでいるという、香取の大切なお宝の鑑定結果に注目となっている。

香取のお宝に続いて、スタジオにはネットオークションで手に入れたという「ニッポンが誇る凄い近代彫刻家」のお宝が登場。20年以上もの歳月をかけてひとつの作品を制作したという彫刻家の紹介VTRを見て、絵を愛してアーティストとしても活躍する香取は、「(創作意欲を)掻き立てられますよね」と語り、「僕、結構一発でなんでも作っちゃうんですけど、時間をかけて思いを込めるには(お宝の作者が20年以上も時間をかけたように)あそこまでっていうのも挑戦してみたい」と心揺さぶられた様子。さらに、満鉄(南満州鉄道)に勤めていた祖父がラストエンペラー・愛新覚羅溥儀からもらったという衝撃のお宝もスタジオに登場すると、まさかの鑑定額に香取も驚く結果となった。
○プロデューサー コメント

香取慎吾さんが『開運! なんでも鑑定団』のスタジオにやってきてくださいました! 番組冒頭、お持ちいただいたお宝を鑑定する前のゲスト紹介VTRに慎吾さん・少年時代の写真が登場するのですが、そこにはまるでお宝のような超絶笑顔が! 仰天鑑定額モノの貴重写真もぜひご覧いただければと思います! お宝は運命的な出会いをしてご自宅に飾られているものだそうなのですが、鑑定を通してご本人も「知らなかった!」という驚きの真実が明らかになります。さらに今回、慎吾さんには番組の最後までご一緒いただいて、依頼人のみなさんにお持ちいただいたお宝の鑑定を見届けていただきました。岡本太郎やアメリカンポップアートの巨匠・バスキアに憧れて絵を描かれている「アーティスト・香取慎吾」はどのような視点でお宝を見つめるのか、この貴重シーンにもぜひご注目いただければ幸いです!

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ