「MIYAVI」が廃刊の危機!上白石萌音“奈未”と菜々緒“麗子”はスポンサー探しに奔走する

テレビドガッチ

上白石萌音が主演を務めるドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第7話が、2月23日に放送される。

ファッション雑誌編集部を舞台に、主人公がドSな鬼編集長や運命的な出会いをする子犬系男子に振り回されながらも、恋と仕事に懸命に立ち向かい成長していく胸キュンお仕事&ラブコメディ。

上白石がその名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並みで、普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の持ち主の主人公・鈴木奈未を演じ、彼女が配属されるファッション雑誌編集部で出会った最年少編集長・宝来麗子を菜々緒、ひょんなことから出会った、子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介を玉森裕太(Kis-My-Ft2)、クールな先輩編集者・中沢涼太を間宮祥太朗が演じる。

先週放送された第6話では、中沢が潤之介に「俺は遠慮しないから」と宣戦布告し、奈未に「鈴木、俺、お前のこと好きだわ。俺なら、お前のことを泣かせない」と告白した。インターネット上では中沢のストレートな振るまいに「堂々と宣戦布告してすぐ告白する中沢パイセンの男らしさに惚れた」「今回はラストの中沢先輩に持ってかれた!! あの告白はずるい!!」などのコメントが寄せられた。

<第7話あらすじ>
「MIYAVI」が廃刊の危機となり、麗子(菜々緒)は奈未(上白石)と共にスポンサー探しに奔走するが難航していた。そんな中、奈未の家族が上京しアパートにやってくるが、そこに潤之介(玉森)もやってきて鉢合わせに。潤之介が理緒(倉科カナ)と抱き合っているのを見てしまった奈未は、潤之介と話すことを拒否。母の真未(宮崎美子)は娘をたぶらかそうとしている悪い男と勘違いし、潤之介を追い返してしまう。

一方、中沢(間宮)や遥(久保田紗友)ら編集部メンバーは長野のコテージへ取材に行くことに。偶然、奈未と麗子も化粧品会社の磯辺社長(近藤芳正)を訪ねるため、同じ場所に行くことになり……。

そして、潤之介は誤解を解こうと奈未のアパートを再び訪れる。そこで困っている様子の奈未の父・義郎(橋爪淳)と遭遇し……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ