あなたもマスター!絶対にモテる「ほろ酔い言動」4選

愛カツ


ときにはお酒の力を借りて、気になる彼との距離を縮めることもあるはず。

でも、お酒はその使い方で失敗を招くことも。

お酒を正しく用いてモテるにはどうしたらいいのでしょうか?絶対にモテる「ほろ酔い言動」を自分のものにして、彼のハートも酔わせませんか?

あなたもマスター!絶対にモテる「ほろ酔い言動」4選

■ 騒ぎすぎない程度のハイテンション

お酒を飲むと、陽気になったりハイテンションになったりするのはいいことです。テンションが高くなり、一緒にいる彼にも楽しんでもらいやすくなります。

でも、騒ぎすぎには注意。周りへの配慮に欠けた態度は品がなく、迷惑をかけて印象が悪くなることも。

周りの雰囲気を見ながら、声の大きさやリアクションを調整する心がけが重要です。騒ぎすぎない姿で、好感度を上げていきましょう。

■ 距離の近い会話

彼と近くで話すのも、モテにつながる「ほろ酔い言動」のひとつ。

物理的に見て、相手との距離が近いと人は警戒心を抱くものです。しかし、警戒せずいられると感じれば、おのずと「気を許せる」「親しい」と思えてきます。

お酒を飲むと人は開放的になり、判断力も鈍ります。だからこそ近くで話すことにより、心の距離を縮められます。

楽しく会話しながら彼に接近。「親しい関係」と認識させるような行動を起こしましょう。

■ 普段言わないセリフ

普段言わないような大胆なフレーズを飲みの場で言うと、男性はドキドキしますし、「酔ってるのかな?」とほろ酔いに気付いてくれます。

でも、大胆すぎる言動は「軽い女」としての印象を与えるリスクも。そこで絶妙なバランスを保ちつつウケやすいのが「一口ちょうだい?」というセリフです。

これは間接キスを連想させますが、単純に「食べたい、飲みたいだけなのかも?」と男性を惑わせます。

男性を惑わせることで「嫌われてはいない」「自分と間接キスしてもいいってことは?」と思わせ、一気に距離が近くなる効果もありますよ。

■ 警戒心を忘れずに

そして一番忘れたくないのは、羽目を外しすぎないこと。酔っぱらってゆるくなったその姿に対しては男性ウケがいいのですが、「遊びの女なんだな」と思われるリスクも高い。

ほろ酔いでも「家には行かないからね!」「終電が終わっちゃうよ!」と、一線を引くことも大切。彼に誘われてもすぐ肉体関係にならないよう、注意しましょう。

警戒心を保つことで、「信頼できる」と相手に思わせられるはずです。

■ 適度なお酒の量を守ってモテるほろ酔い女子になろう

お酒で失敗する理由の大半が、飲みすぎか、ガードがゆるすぎたこと。

適量のお酒を楽しめば、ほろ酔い状態を継続しつつ、誘惑されるのも回避できます。

開放的になりながらも最低限の警戒心を忘れない! これを守りながら、カンタンにモテるほろ酔い女子になりましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ