「300円で入れる絶景露天風呂」が話題に 安さと人気の秘密を直撃

しらべぇ

(写真提供:河津町)
環境省の「2018年度温泉利用状況調査」によると、全国の温泉地は約3,000あり、延べ宿泊者数は約1億3千万人となっている。そんな中、「300円で入浴できる絶景露天風呂」が話題を呼んでいる。

画像をもっと見る

■町の観光活性化が目的


静岡県河津町にある「舟戸の番屋」には、2019年には年間約8千人が訪れた観光客に愛されている施設だ。河津町の観光活性化を目的に2014年10月にオープン。
(写真提供:河津町)
地元の漁業者や農業者、民宿経営者を中心に運営を行っている。相模湾が一望できる「絶景露天風呂」が一番の売りで、足湯やバーベキューなどを楽しむことも可能だ。

関連記事:『ポツンと一軒家』に再登場した庭師の男性 緑に囲まれた暮らしに所ジョージも憧れ

■崖の上にある絶景露天風呂


番屋建物内でチェックインを済ませた後に、150メートルほど離れた崖の上にある露天風呂まで歩いていく。途中、野鳥の鳴き声や階段付近の野草を満喫。男女にわかれたロッカーで着替えてから入浴するが、水着の着用は不可となっている。
(写真提供:河津町)
温泉は源泉かけ流しで、無色透明の弱アルカリ性で、河津町の峰温泉と谷津温泉からの混合泉となっている。露天風呂の近くには、ウッドデッキスペースがあり、横になって休憩することも可能。

■新鮮な海の幸バーベキュー


施設内では予約なしでサザエや干物がついた海鮮バーベキューを楽しめる。また、伊勢海老ラーメンやサザエ、アワビの踊り焼きといったメニューも。さらに要予約で干物作りやジャム作りなどの体験メニューも揃っている。
(写真提供:河津町)

■地元で採れたものを直売


売店では地元で採れた海産物や農産物、加工品を直売しており、お土産に最適だ。毎週火曜日が定休だが、23日の天皇誕生日は臨時営業する。営業時間は午前10時から午後4時まで。入浴料は大人(中学生以上)300円、子供(3歳から小学生)100円、3歳未満無料。
(写真提供:河津町)
なお、バスタオルのレンタルはないため、売店でタオルを購入するか、自身で持ち込むかの選択となる。

・合わせて読みたい→『ポツンと一軒家』に再登場した庭師の男性 緑に囲まれた暮らしに所ジョージも憧れ

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ