中部国際空港の「FLIGHT OF DREAMS」、1階有料エリアの営業終了 リニューアルへ

Traicy

FLIGHT OF DREAMS中部国際空港は、「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」1階の有料エリア「FLIGHT PARK(フライトパーク)」の営業を3月31日をもって終了し、リニューアルする。

新型コロナウイルスの感染拡大などによる市場環境の変化を受け、デジタルコンテンツによる有料営業を終了することを決めた。

提供を終了するのは、「フライ ウィズ 787 ドリームライナー」、「ボーイング ファクトリー」、「奏でる!紙ヒコーキ場」、「お絵かきヒコーキ」、「エアラインスタジオ」、「歩いて集める飛行機図鑑」の各コンテンツ。リニューアル後も、ボーイング787型機の機内公開や、シアトル航空博物館ワークショップ、787シミュレーターは存続する。

4月以降も、1階のボーイングストア、2階と3階のシアトルテラスの営業は継続する。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ