夫の仕事に不満がある妻は43%! 「離婚したくなる亭主の仕事」調査

OVO


 選んだ仕事が離婚の原因になる…とは思いたくないが、リスクモンスター(東京)は第8回「離婚したくなる亭主の仕事」調査を発表した。20~49歳の既婚女性600人を対象にしたこの調査によると、夫の仕事に「不満がある」妻は43.0%。30代(44.5%)を筆頭に、20代(42.5%)・40代(42.0%)といった若い世代や夫の年収が低い(500万円未満)妻に不満が多いのが特徴だ。

夫に「転職してほしい」と考えている妻は26.7%。転職についても、若い世代や夫の年収が低い妻の方が希望している傾向にあった。さらに、「夫の仕事が原因で離婚したい」と考えている妻は11.5%とおよそ10人に1人の割合。もっとも、夫の年収が500万円以上では離婚意識が大幅に低く、夫婦関係に年収が大きく影響していることが分かる。

夫の仕事に不満がある理由は、1位「給料が低い」(74.0%)、2位「残業が多い」(35.3%)、3位「福利厚生が不十分」(22.5%)となり、やはり収入への不満が突出している。また最近増えているテレワークについては、「テレワークが多い」夫の方が妻から「離婚したい」(7.2%)と思われていることも判明した(「テレワークが少ない」夫の場合は4.3%)。

当記事はOVOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ