【えっ】動物病院で「これはうちの猫じゃない」と怒鳴り散らす飼い主、その理由とは? - ツイッターで話題のハッシュタグ「実際に言われたクレーム晒す」に反響


ツイッターで話題となっているハッシュタグ「実際に言われたクレーム晒す」。こちらに投稿されたある動物病院でのクレーム対応に、たくさんの”いいね”が集まっています。

去勢手術が終わり、雄猫と家に帰った飼い主さんが再び来院し受付で
うちの猫じゃない!! 雄なのに乳首がついてる!! 飼い主騙せると思うなよ!
と怒鳴り散らしてるところにスっと出てきた男の獣医師が
僕もついてますけど見せましょうか???
でそこにいた皆吹いてた(ツイートより引用)

怒鳴り散らす飼い主さんにユーモアたっぷりの対応、頼りになる獣医師さんですね。これには「カッコいい!」「面白すぎる!!」「こんなん言われたら笑うか拍手贈るわ」「ナイスだけどwww変態みがヤバイのはどうしてwww」と称賛の声が多数寄せられていました。

一方、飼い主さんに対しては、「哺乳類なんだからあって当然」「人間の男にもあるのに」など、疑問の声が続々と。しかし、同じように勘違い(?)していた人、結構いらっしゃいました。「え、雄猫にも乳首あるの⁉️」「え!うち女の子ばっかだから知らなかった!!」「オスなのに乳首!!! は私も言ったのでな……」などなど、なぜか動物の雄となると、頭の中から乳首の存在が消去されてしまう人もちらほら。また、乳首の存在には気付いたものの、それを乳首とは思わず、何かの病気かと思って病院に駆け込んだ結果、「乳首ですね」と診断されて大恥かいた……というエピソードもありました。

さて、その後の展開が気になるところですね。ツイ主さんにお話を聞いてみたところ、その後も「擦り寄ってこない! 大好きなはずのカリカリのたべが悪い! 隅でじっとしてて家に帰ってきたのがわかってない! やっぱり違う猫だ!!!!」と電話がかかってきたそうです。引くにひけなくなっての電話だったのかもしれませんが、最後には「いつも通りのうちの猫になりました」と電話をくれたのだとか。去勢手術のあとに、一時的に性格が変わることもあるようですが、あまりの変貌ぶりに慌ててしまったのかもしれません。ツイ主さんも、「素直で可愛い飼い主さんでした」とコメントされていました。最後は平和な結末でホッコリしましたね。

最後に、今回の投稿が話題となっていることについて感想を聞くと、「こんなにリプ、RT、いいねを貰ったのは初めてなのでこそばゆい気持ちです」と話していました。

世の中には、まだまだ驚きのクレームがあるようです。気になる方は、ハッシュタグ「実際に言われたクレーム晒す」で検索してみてくださいね。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ