アラン・ウォーカー、TikTokで話題のセイレム・イリース参加の新曲「フェイク・ア・スマイル」解禁

Billboard JAPAN



アラン・ウォーカーが、最新シングル「フェイク・ア・スマイルfeat.セイレム・イリース」をミュージック・ビデオとともに公開した。

昨年末に、2021年の自身の活動の予告編映像を公開し、今年1月には新曲「ソーリーfeat.イサック」をリリースしたアラン。今年2曲目のリリースとなる「フェイク・ア・スマイル」は、2020年に「マッド・アット・ディズニー」という楽曲が、TikTokを中心にヴァイラル・ヒットを遂げた、21歳のポップ・シンガー=セイレム・イリースをヴォーカルに迎えた楽曲。アラン特有の壮大なプロダクションに、セイレム・イリースのエモーショナルなヴォーカルが合わさり、アラン最大のヒット曲「フェイデッド」を彷彿とさせる、美メロ楽曲に仕上がっている。

2月12日にセイレム・イリースが自身のTikTokアカウントにて、楽曲の一部をアカペラ歌唱している動画を投稿し、その後アランが自身のTikTokで、セイレムの動画にシンセサイザーで伴奏を加えた動画をアップし、本コラボの情報解禁が行われた。

楽曲リリースに際し、アラン・ウォーカーは、 「“フェイク・ア・スマイル”はしばらく前から制作し始めた曲なんだ。曲のメッセージ性をとても気に入っていて、セイレム・イリースが素晴らしいヴォーカルを乗せてくれた。彼女はとてもエキサイティングなアーティストだから、今後注目必至だと思うよ。シングルと一緒に、半年以上前に撮影したミュージック・ビデオも公開したんだ。ビデオでは、これまでのミュージック・ビデオで描いてきた<ウォーカーズ>の物語を引き継いで、彼らが直面するチャレンジを表現しているから、このストーリーの新たな一章を皆気に入ってくれるといいな。完成度にはとても満足していて、映像チームと、これまでのビデオのほとんどを一緒に手掛けてきた、監督のクリスチャン・バーグをとても誇りに思っているよ」 と話している。

また、セイレム・イリースは、「私にとって“フェイク・ア・スマイル”は、一番辛い時に自分をそこから引っ張り出してくれる、周りの大切な人たちについて歌った曲なの。その人たちが私にとって最も大事な存在だから、この曲を通じて、その人たちに感謝の気持ちを伝えたかった。アラン・ウォーカーと一緒にこの曲に携われて、とても光栄に思うわ!距離がありながらも、一緒に特別なものを完成させることができた。皆も楽しんでくれますように!」 と語った。

◎リリース情報
配信シングル「フェイク・ア・スマイル」 
2021/2/19 RELEASE
https://lnk.to/AlanWalker_salemilese_FakeASmile

Photo: Mohammed Sarmadawy

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ