ワニの胃から男性の遺体が発見 釣りに出かけ行方不明になった男性か

しらべぇ

(Ryo_stockPhoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
外出したまま帰ってこない夫を心配した妻が、たまらず通報。すぐに捜索活動が始まったが、見つかったのは夫ではなくワニだったことを『New York Post』などが伝えている。

■釣りに出かけた男性


オーストラリアで暮らしていたアンドリュー・ハードさん(69)が、つい先日、大好きな釣りを楽しもうと外出した。

しかし、そのまま連絡が途絶え家にも戻らなかったことから、心配した妻エリカさんが通報。「夫と連絡がとれなくなってしまった」と聞いた当局スタッフは、すぐに釣りをしていたとみられる場所に向かったが、捜索活動開始の翌日に現場で見つかったのは、ハードさんではなく転覆した船と、意外な生き物だけだった。

関連記事:釣り中の男性に衝撃 魚ではなく男性の遺体が浮かび上がり通報

■現場で発見されたワニ


船の近くを慎重に調べた結果、すぐそばに2匹の大きなワニ(クロコダイル)がいたとのこと。そこでさっそくどちらも捕獲し安楽死させた当局は、胃などの内部まで細かく調べてみることにしたという。

すると、1匹の体長が3~4メートルのワニの胃の中から、驚くような物が出てきた。

■ワニの腹にあったもの


ワニの胃に残っていたのは、遺体だった。まだハードさん本人と断定されたわけではないが確かに人間で、ハードさんが現場で姿を消したことを考えると、ワニが襲って殺した可能性が極めて高いという。

当局はハードさんが死去したという見方を示し、現在はもう1匹のワニの胃にも、遺体の一部が残っていないかを確認中だと明かした。

■当局のコメント


警察は「茂みにはヘビがいるし、水の中にはワニがいるということです」とコメントし、「外出する際には必ず誰かに行き先を告げ、安全装備もどうかお忘れなく」「また安全グッズは、素早く取り出せる場所に置いておきましょう」とも補足した。

釣りが好きで経験豊富だったというハードさんだが、その最期の瞬間は、あまりにも意外なかたちで訪れてしまったようだ。

関係者は「一番好きなことをしながら、亡くなってしまったのですね」とSNSに書き込んでいるが、ハードさんは元気に家族が待つ家に帰りたかったに違いない。

・合わせて読みたい→小学生がカウンセラーに相談し家庭内殺人が発覚 妻を殺した夫を逮捕

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ