Re.Ra.Ku 社長が語る上場企業の作り方「世界で勝てるグローバル企業は4分野」

日刊SPA!

―[あの企業の意外なミライ]―

◆米国ナスダックに新規上場

リラクゼーション業で国内上場はできない――。

これは、2000年の創業以来、14年間に渡り上場を目指し続けていたリラクゼーションスタジオRe.Ra.Ku を経営する株式会社メディロム江口康二社長が突きつけられた現実でした。

そんなメディロムが選んだ道は、国境を越えた米国ナスダックでの上場。2020年12月、コロナ禍の激動の中、薄氷を踏む思いでメディロムはナスダック上場を果たしました。

駅前で「Re.Ra.Ku」の看板を見かけたことのある人は少なくないはずですが、同社が売上高39億800万円(※1)、国内302店舗(2021年1月現在)の業界最大手級のリラクゼーションスタジオであり、さらに世界各国での病院経営を目指していることはあまり知られていないのではないでしょうか。

(※1 19年12月期の売上高は39億800万円(米国会計基準)。日本からはSMBC日興証券の本支店を通じてADR(米国預託証券)を購入できる)

それでは、Re.Ra.Ku はなぜ創業されたのでしょうか?

すべては、世界進出できる企業を作るという“逆算思考”からの賜物だったのです。リラクゼーション業界国内初の上場企業ができるまでの約20年に渡るドラマを一気にお読みください。

◆「世界で勝てるグローバル企業は4分野しかない」

馬渕:江口社長は大学を卒業後、自動車の買取・販売会社に入社されました。インターネット事業部長に就任し、新事業を成功に導いたあとに退職され、2000年に株式会社リラク(現・株式会社メディロム)を創業されていますね。なぜリラクゼーションスタジオだったのでしょうか?

江口:起業前から、どうすればグローバルに世の中をよくできるかを考えていました。そもそも、グローバル企業って何なんだろうって考えてみると、人種の壁、宗教の壁、国境の壁、世代の壁、そんな壁を越えられている企業だけが世界的な企業だと気づいたんです。

馬渕:では、世界的な企業になれるのは、具体的にどんな業界でしょうか。

江口:突き詰めると、世界で勝てるグローバル企業は4分野しかないんですよ。「金融」「情報通信」「マテリアル」、最後に残ってるのが、「生命科学」です。

馬渕:金融業はゴールドマン・サックスなどの外銀、情報通信はGoogleやAmazon。マテリアルはアップルやトヨタですね。それ以外で勝てるのが生命科学だけ、と?

江口:特にベンチャー企業はそうです。金融でベンチャー企業が参入するのは今さら感があります。マテリアルは工場や人員も含めて巨大な資本が必要で、ベンチャーでは勝ち目がない。情報通信は、GAFAやアリババを見ればわかるように、もうほとんど勝敗を決している。創業時の2000年ごろ、いまだにボーダレスになってない分野は生命科学分野だけだったのです。

馬渕:最初から逆算して生命科学分野に目をつけていたんですね。

江口:おっしゃる通りです。

◆「店舗は、“データベース”です」

馬渕:ではヘルスケアのどこに将来性があるのでしょう。

江口:ヘルスケア分野には情報、国境、既得権の格差が長年存在しています。ここにビジネスチャンスがあります。わかりやすい例で言うと、アメリカはこの20年間、ガン患者が減り続けている一方、日本はガン患者が増加し続けている。この格差が生まれているのはなぜかわかりますか?

馬渕:治療法でしょうか。

江口:そう。アメリカのほうが、受けられる治療法が多岐にわたるのです。つまり、国によって医療のボーダーが存在しているのです。

馬渕:なるほど。が、そんな江口さんがヘルスケア業界に参入し、最初に着手されたのがリラクゼーションスタジオだったのはなぜでしょうか。

江口:Re.Ra.Ku の店舗を、“ホームページ”に例えてみましょう。店舗が増えれば増えるほど来店という名のページビューが伸びます。すると、よく店舗を訪れる常連さん、つまりユニークユーザー(UU)の傾向が分析できますよね。

馬渕:なるほど。

江口:店舗の来店者、すなわちPVが稼げればユーザーのデータベースが取れます。結果、そのユーザーに対してセグメントをかけられるようになる。それが保険業界に進出するためのステップとなるのです。

馬渕:近年、ページビュー(PV)のみを追うWEBメディアが苦戦を強いられる中、そのようなUUを増やし、データベースを蓄積する考え方は先進的ですね。“目先のPV”の先にしっかりバックエンドを設けられている、と。

江口:そうです。そのデータベース集めを見据えて、リラクゼーションスタジオから始めたんです。そのため我々は今後、多国間病院経営まで考えています。

◆マッサージはグレーな業態?

馬渕:業界の地位向上のために、最初から上場を目指していたそうですね。

江口:Re.Ra.Ku の創業は2000年です。当時のリラクゼーション産業の地位はひどいものでした。グレーゾーンと言われており、職業分類すらもなかった。業界の社会的地位を向上させたいという思いもあり、上場を目指していました。

馬渕:そんなリラクですが、日本での上場を目指していたものの、上場はできなかったそうですね。なぜでしょうか。

江口:一口で言うと、業態がグレーゾーンと判断されたからです。2006年から2013年にかけて東京証券取引所引受部の方から問題点を教えてもらいました。昭和22年に施行された、「あはき法(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師などに関する法律)」という法律の第一条に「医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゆう師免許(以下免許という。)を受けなければならない。」とあります。しかし、問題はその「マッサージとはなにか?」というのが定義されてないんですよ。

馬渕:マッサージの定義がわからない?

江口:そう。マッサージの定義がないので、リラクゼーションという業態自体グレーゾーン扱いされてしまったんです。

馬渕:しかし、リラクはそこでも諦めなかった。

江口:はい。たとえば、同様の扱いを受けた例として、消費者金融業です。当初グレーゾーンでしたが何社か上場しました。消費者金融業は全体業界団体が存在して、自主規制を進めたことから、上場できたと聞いています。

馬渕:なるほど。業界団体ですか。

江口:そこで我々が上場するには、まず自主規制団体を作り、業界の整理が必要だろうという話になりました。そこで、2007年から一般社団法人リラクゼーション業協会を立ち上げ、グレーゾーンからの脱却と、消費者が安全に受けられる施術とは何かを徹底的に体系化することにしました。

馬渕:こうして東証に再度掛け合って上場を果たし…

江口:いえ、それがダメだったんですよ。

馬渕:上場できなかった。何がダメだったんですか?

江口:今度は厚生労働省からの文書回答をもらってくださいとの返答でした。企業としても、個人としても、業界団体産業団体としても陳情はしましたけど、回答はなかったのです。内閣府、総務省も行きました。省庁間を3年間ぐらい回り続けました。

◆ナスダック上場を目指す

馬渕:こうしてリラクはアメリカへ目を向けます。なぜアメリカへ?

江口:コロナ禍で緊急事態宣言の影響もあり、数億単位でお金が燃えるような状態で、業績も一気にリバースしていました。我々はリアルのビジネスですから。でも、ここで勝負しなかったら二度とチャンスは来ない。絶対に上場させると決意して進み続けました。

馬渕:コロナ禍で先行きが見えない状態だと、リストラや家賃を下げるとか、生き延びる時間を長くするものですが…。

江口:そうです、普通は耐えるのがセオリーだと思います。しかし我々は、全員の雇用を守り、閉店もしないで、アクセルを踏むと決めました。

馬渕:そして上場を果たした。

江口:実は、我々は不況に強いんですよ。リーマンショックのときも東日本大震災のときも、逆に客数は伸びたんです。業界全体では逆です。かつ、不景気で雇用が不安定なときに、我々の産業は雇用を吸収できるんです。こういう産業をちゃんと上場させるということは一つの社会的なミッションだと思っています。

◆ヒントは『海猿』。リラクゼーション映画を作るねらい

馬渕:そんな「ウルトラC」で上場を果たされていますが、長期的にはヘルスケア分野のグローバル企業を目指すにあたって今後はどのようなビジョンを掲げているのでしょうか。

江口:社会的地位向上の一環で、セラピストの職業の魅力をしっかり世の中に伝えようと思っています。それは、広告じゃなくて、エンターテイメントの力で変えられないかなと考え、映画を作りました。

馬渕:映画ですか?

江口:医療ドラマとか、刑事ドラマとか、みなさんよく見られますよね?ドラマやエンターテインメントの力は職業のイメージ向上を図る上で大きいのです。映画「海猿」の公開以降、もともと不人気だった海上保安庁の職に人気が集まり、今や平均8倍率の人気の職業になりましたよね。我々はあれを目指したいのです。

馬渕:なるほど。これもまた成功事例から学ばれている。

江口:ただ、上場はまだまだスタート地点。我々はヘルスケア分野のボーダレス化のスタート地点に立ったに過ぎません。ここからは、経営効率や売上利益の規模など経営者としてのスコアも求められます。最終的には、取得したヘルスケアデータを用いた生活習慣の改善を促す特定保健指導や、ウェアラブルトラッカーの開発・販売にも力を入れていきます。

馬渕:「店舗はメディア」の意味がよく理解できました。他のビジネスにおいても、これはとても参考になる視座なのではと思います。<取材・文/馬渕磨理子 撮影/石田 潤>

江口 康二

1973年生まれ。東京都出身。新卒で自動車流通ベンチャー企業に入社。同社のインターネット事業部長に就任後、独自に開発したビジネスモデル特許「プライスダウン・オークションシステム」で「日経優秀商品・サービス賞」を受賞する。その後、最年少役員の経験を経て独立へ。2000年に株式会社メディロムを設立。リラクゼーションスタジオを全国に302店舗展開。(2021年1月末現在)一般社団法人日本リラクゼーション業協会の理事としても活躍をしており、業界の地位向上へと繋げている。2020年セラピストを題材とした映画「癒しのこころみ」でプロデューサーとしてデビューする。また、同年の12月29日にNASDAQ Capital Marketにて新規上場を果たす。21年ぶりのダイレクト上場という快挙を成し遂げ、現在日本法人唯一のNASDAQ上場となる。

―[あの企業の意外なミライ]―

【馬渕磨理子】

経済アナリスト/認定テクニカルアナリスト、(株)フィスコ企業リサーチレポーター。日本株の個別銘柄を各メディアで執筆。また、ベンチャー企業の(株)日本クラウドキャピタルでマーケティングを行う。Twitter@marikomabuchi

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ