カップ焼そばに秘められた『縦読み』メッセージとは? エースコックさんに聞いてみた

grape

馴染みのあるエースコックのカップ麺の中でも、とりわけTwitterなどで話題となっているのが『スーパーカップMAX大盛り 太麺濃い旨スパイシー焼そば』です。

そのわけは、ふりかけが入った“小袋”にありました。その名も『100種類の美味しい素材入りMAXふりかけ』。なんと100種類の素材も、小袋に詰まっているとは…。

これだけでも意気込みが感じられますが、話題になっているのは裏に秘められたメッセージなのです。

小袋の裏を見ると、100種類の素材名がぎっしり羅列!

エビ、チキン、ネギ、ガーリックなどの他、ブロッコリーやペパーミント、なんとストロベリーまで。焼そばにいちごとはびっくりですね。

しかし、話題をさらっている理由は種類の多さだけではないのです。

素材の表示を縦読みすると…。

エースコックマックスキアイハイッテマス

「エースコックマックス気合入ってます」と読めます。そう、マックスに気合いが入っているというのです!

まるで語りかけてくるような意思表明に心意気さえ感じます。どんな気合いなのでしょうか。

早速、近所のスーパーで買ってきました。

フタを開けると『MAXふりかけ』が、あえて裏面で登場。

『MAXふりかけ』の粒ぞろい感がすごいです。

ソースをかけてから、いよいよふりかけます。

さあ、しっかり絡めていただきましょう!

もっちもちな太麺と、スパイシーな『MAXふりかけ』が見事に絡み合って、とにかく濃厚。そして、ときおりカリッとする食感とともに旨味のハーモニーが押し寄せてきます。

これが気合いの表れでしょうか。

いちごまで入った意外な組み合わせのフレーバーが、相互にあいまって旨味の相乗効果のようです。

食欲MAXになり、このあと禁断の白ご飯と半熟卵を付け足してしまいました…。

エースコックの担当者さんに聞いてみた!

縦読みメッセージの“気合い”宣言について、エースコック株式会社にお話を伺いました。

実は、この商品は、100種類の素材がミックスされたふりかけを伴って2019年3月に新商品として発売。

せっかく100種類も使っているなら裏面に全部書いてみようと、小袋の裏に縦読みメッセージが仕込まれました。

新発売当時は「エースコックマックスガンバリマシタ」。そして、2020年3月リニューアル時に「エースコックマックスキアイハイッテマス」に変遷していたのです。

「エースコックは、面白いことやっているな」

気づいた人に少しでも思ってもらえたら…というこの仕掛けは、時々話題になるというものの、ほとんどがスルー。しかし、2021年の年明け早々のステイホーム期間にSNSで話題沸騰したのです。

在宅期間が長びく中で、遊び心あるこの熱いメッセージに、気合いを受け取った人は一気に増えたのではないでしょうか。

これからも、面白い仕掛けが楽しみですね!


[文/常田麻宇・構成/grape編集部]

出典 エースコック株式会社

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ