【バイプレイヤーズ百名鑑】田中要次「撮影現場ですらパロディーではないか」

クランクイン!

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

◆File No.045 田中要次

都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第5話で田中はサスペンスドラマ『わたしの番です』に出演する、猫が好きで、友情を大切に生き、友情に振り回される心優しい個性派俳優“田中要次”役を演じた。

『バイプレイヤーズ』には前作に続いて2度目の出演。「続編に続いて今回もチョイ役だろうと思ってシナリオを読んだら、主役じゃないか?と思うぐらいに役どころが大きくて驚きました」と語る。本人役は「出来る限りドキュメンタリーに見えたらイイなと思って演じました。演じている自分と演じていない自分を見せなければならないと思いました」との意気込みで演じていたそう。「撮影現場ですらパロディーではないかと思うぐらい紛らわしくて楽しませて頂きました」と現場の雰囲気を振り返り、「僕にとってはどちらが本家の作品なのか分からなくなってしまってます」と笑う。

そうそうたるメンバーが集結する本作の魅力を尋ねると「他のドラマでは見られないバイプレイヤーズ満載の豪華キャスティング。そして、各本人が本人役を演じながらぶつかり合っている気恥ずかしさでしょう」と教えてくれた。

★田中要次/1963年8月8日長野県生まれ。国鉄・JR職員から映画界へ転身した異色の経歴を持ち、映画界でも照明助手など裏方からキャリアをスタートした後に俳優活動を始めた。2001年放送の木村拓哉主演ドラマ『HERO』(フジテレビ系)で演じたバーテンダー役で、「あるよ!」の決め台詞とともに一躍脚光を浴びる。その後は映画、ドラマ、CM、バラエティーと幅広く活躍。近年の映画出演作として『実りゆく』『ミセス・ノイズィ』など。本家『あなたの番です』(日本テレビ系)にも出演していた。

●『バイプレイヤーズ』第5話プレイバック

視聴者の「いいね」が少なければ殺されて降板!? 究極のサバイバルゲーム開幕! 5チャンのサスペンスドラマ『わたしの番です』は、毎回殺人ゲームが引き起こされるストーリーと視聴者の考察合戦で盛り上がり、好調だった。しかし、自分がいつ殺されるのか分からず役者たちは終始不安で…。そんな中、主演の原田龍二が殺され、生き残りを懸けた何でもアリのアピール合戦に発展! 仁義なき役者たちの戦いに衝撃的結末が待ち受ける…!

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ