永瀬廉、『ボス恋』玉森裕太のキスシーンを絶賛「早過ぎず、遅過ぎず」


King & Princeの永瀬廉が、18日に放送されたラジオ番組『King & Prince 永瀬廉のRadio GARDEN』(文化放送/毎週木曜23:30~23:45頃)で、大好きなKis-My-Ft2の玉森裕太への思いをぶちまけた。

以前、同番組で、玉森が出演するドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』(TBS系/毎週火曜22:00~)の第1話を見逃したことを、悔しそうに明かしていた永瀬。2話以降は、欠かさず観ているそうで、「もう目をかっぴらいて、瞬き一つせず、目から血を流しながら観てます! 凝視してます!」といい、「あのドラマ良い。お芝居してるの? ってくらい、玉さんがナチュラル。普段の玉さんを知ってるからこそ、女性と過ごすときはこんな感じなのかな? みたいな。最高のドラマじゃないですか」と大絶賛していた。

“子犬系イケメン御曹司”の潤之介を熱演している玉森だが、第4話では、上白石萌音が演じるヒロイン・奈未とのキスシーンが話題に。永瀬は、「上白石さんの目を見てなかったじゃないですか。ちょっと伏し目がちでいくんですけど。その顔が良かったよね。キスをしにいくまでの、触れるまでの時間がすごいエロかった。早過ぎず、遅過ぎずっていう。一番お互いがドキドキというか、観てる方もドキドキさせる間のキスでしたね」と興奮気味に分析しつつ、「ファンみたいなこと言ってるな。俺、ヤベーよ。恥ずかしくなってきたもん」と照れ笑い。

続けて、「ファンの人なら、上白石さんと場所変わりたい! って思うだろうけど、僕はさすがに思いません。ただキュンキュンはしましたね。ドキドキもしちゃいました」と話した永瀬。ドラマ内で繰り広げられる胸キュンシーンの嵐に、「また玉さん、人気出ちゃうよ。今よりもさらに人気出てしまうよ。なんか構ってくれんくなるの嫌やな……」と危惧しつつ、「まあ、構ってくれんくなっても、俺はグイグイのレベルを上げるだけなんで」と強気に意気込む場面も。

さらにこの日は、自身が出演するNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の撮影現場で、誕生日を祝ってもらったエピソードも披露した永瀬だったが、「ちょっと待って! 玉さんから誕生日おめでとうメール来てないわ。昨年来たのに、悲しいな……」と、思い出してショックを受けながら、「あわよくばと思ってたけど、まあしょうがない。誕生日だったんです! って、アピールしていこう。ダルがられるんやろうな~。まあ、しょうがない(笑)」と、めげずに“玉森愛”を吐露していた。

なお同番組は、放送後1週間以内であればradikoで聴取可能(エリア外の場合はプレミア会員のみ)。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ