こんな使い方もできる! Clubhouseの活用アイデア5選

fumumu

スマホを見る女性(Povozniuk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
今、話題の音声SNS「Clubhouse」。ラジオやウェビナー感覚で聞いている人は多いと思いますが、その他にも、いろいろな使い方ができるようです。

fumumu取材班が、Clubhouseユーザーに、活用アイデアについて詳しい話を聞きました。

(1)朝活用のもくもく会


「朝活用に、Clubhouseで『もくもく会room』を立ち上げました。話すのは始まりと終わりくらいですが、『roomに朝活仲間がいる』という状況があるだけでリスナーのモチベーションアップに一役買っている様子。

居場所作りとして、今後もClubhouseを活用していきたいと思います」(30代・女性)

関連記事:Clubhouseユーザー必見! 「好かれる人の話し方」五カ条

(2)災害時の安否確認


「先日、福島県沖で地震が発生した際、友人の安否確認をClubhouseで行いました。他のSNSと違って、直接話せるので安心感が増しますね。

災害大国の日本だからこそ、今後の活用の幅が広がりそうです」(30代・女性)

(3)公開ビジネスコンサル


「起業家が開いているビジネス系のroomで、公開ビジネスコンサルを受けました。Clubhouseがなければ話すができないのはもちろん、話せたとしてもかなりのお金が必要だったと思います。

Clubhouse過渡期の今はスピーカーに上げてもらいやすいので、チャンスかもしれません!」(20代・女性)

(4)ヨガのオンラインレッスン


「Clubhouseで、ヨガのオンラインレッスンを受けました。視覚が遮られている分、集中力が増し、いつも以上に深く瞑想出来た気がします。

今後も、継続的に受講したいと思っています」(20代・女性)

(5)夜間授乳中ママの孤独解消


「夜間授乳中のママを対象に、孤独解消をコンセプトにしているroomに参加しました。

誰と話すわけではなくても、『誰かがいる』と思える環境は、ワンオペ育児を1人で頑張っている身としてうれしかったです」(30代・女性)

ご自身でroomを作りたいと思っている方は、参考にしてみてもいいかもしれません。

・合わせて読みたい→登録前に要注意! Clubhuseでフォローされたら困る人

(文/fumumu編集部・志都)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ